スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

セ・リーグ戦力分析の続きです。投手編はコチラ

※注 今回の分析はカープファンとしてではなく、一プロ野球ファンの視点で行っています。ここで酷評したからとて、その選手に期待を抱いていない訳ではありませんので、どうかそこのところをご理解下さい。

                     *

広島東洋カープ〜野手


maeda





 2000本に王手!
 中国新聞より)


[構成]

捕 手  : 石原・倉・木村一

内野手 : 栗原・△東出新井・△松本・山崎・岡上・大須賀・吉田・甲斐・山本芳

外野手 : △廣瀬・△前田・緒方・◇森笠・△末永・井生・尾形・山田・△中東・
       △天谷

※△は左打ち、◇は両打ち、太字は予想レギュラー


[所感]

昨季1,2番に定着した東出、梵が順番を入れ替えて、コンビを組む。2000本安打達成を控えてモチベーションが高い前田、ケース打撃で一皮剥けた新井、伸び盛りの栗原、打撃改造が実りつつある廣瀬らで構成される中軸にも力があり、他球団に負けない打線を組むことが出来そうだ。守備的には、東出、梵の二遊間は揺るぎないが、栗原、新井には若干の不安あり。更に外野はかつての名手、前田、緒方はさすがに球際の強さは見せるものの、守備範囲がかなり狭くなってしまい、広い球場での戦いが懸念される。上手く守備固めを使いまわしていく必要がありそうだ。走塁面では、2年目で投手の研究に余念がない梵と、足元の怪我が完治しつつある東出は、共に2〜30盗塁は見込めそうで、更に二人の上を行く快速、松本が控えているのも心強い。


[好材料]

1,2番が定着し、走攻守の軸が出来たのが何より大きいし、昨季途中離脱した栗原や、復活を期すベテラン緒方などの巻き返しも期待でき、明るい話題に事欠かない。俊足巧打の新人中東を加えた外野陣は一層厚みを増し、競争効果も望める。左右のバランスも良く、相手投手によって柔軟な打線が組め、2年目のブラウン監督の采配に選択肢が増えるだろう。


[不安材料]

明るい材料が多い反面、昨季課題となった捕手陣の問題は深刻だ。本来打力がある石原は2割そこそこの低打率に喘ぎ、守備力が自慢の倉も、盗塁阻止率が.279と前年の.440から大きく下がるなど、共に精彩を欠いてしまった。捕手併用の弊害もあったとはいえ、今季もまた頭を悩まされる問題になりそうだ。また3年前の首位打者嶋は年々体の切れがなくなり、打撃成績も降下してしまっている。コンディション調整などの意識改革が求められそうだ。若手大砲の栗原もヘルニア手術明けで、体調面が若干心配。


[お赤いの的注目株]

嶋 重宣  Shigenobu Shima

東北高校時代はライバル小野仁(秋田経法大付)と並び、全国屈指の左腕と称された。入団後も高いポテンシャルを見せつけ、次代のエースとしての期待を集めたが、肩痛などの影響により、投手としては大成できずに打者に転向。当初は起用も多かったが、やがて2軍で飼い殺し状態が続くようになり、危うくトレードで放出されかかったことも。内田打撃コーチ(現巨人)と二人三脚で打撃改造に挑んだ2004年に一挙にブレイクし、首位打者、最多安打を獲得。背番号や風貌も相まって、「赤ゴジラ」として話題となった。ところが翌年以降は持病の腰痛の悪化もあり、年々打撃成績が降下してしまっている。昨オフにはドミニカを訪問し、現地の貧困と野球事情に触れ、初心に帰ることを宣言したが、果たしてどうなるか、今後を見守りたい。

shima





 復活が待たれる嶋
 中国新聞より)


何だか自分のカープファン歴の中で、苦悩の時代はこの嶋辺りから始まっているような気がしますな・・・(・ω・;) 投手不足に喘ぐ中、この苦境を救ってくれるのは嶋しかいない!という嶋救世主伝説にはどんなに胸躍らされたことか。いよいよ開花かと思われた3年目のオープン戦、ミムーがノムに、「今日は(ウチの)江夏が投げますから!」と吹きまくった直後に、先頭飯田の頭に危険球で一発退場!!思えばあの時に、嶋の投手生命は終わりを告げたような気が致します。

その後の打者転向で、かなりの打撃センスを見せて、下でも打ちまくっていたのに何故か延々と2軍幽閉・・・きっと練習態度とか悪くて首脳陣に嫌われてたんだろうなぁ。ようやく苦節10年で首位打者まで取ったのに、この2年の体たらくでファンからの評価も暴落と、波乱万丈の野球人生が続いておりますが、さて今季は一体どうなることやら。


************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
セ・リーグ戦力分析の続きです。

※注 今回の分析はカープファンとしてではなく、一プロ野球ファンの視点で行っています。ここで酷評したからとて、その選手に期待を抱いていない訳ではありませんので、どうかそこのところをご理解下さい。

                     *

広島東洋カープ〜投手


kuroda





 カープ不動のエース黒田!
 中国新聞より)


[構成]

右先発  : 黒田・大竹・ダグラス・佐々岡・フェルナンデス・宮崎・長谷川・前田健

左先発  : 高橋・齊藤・小島・河内・青木高・大島

右中継ぎ : 林・梅津・上野・横山・小山田・マルテ・青木勇

左中継ぎ : 広池・佐竹

抑え    : 永川


[所感]

今や球界でも屈指のエースとなった黒田の存在は大きいが、問題はその後に続く先発陣。来季40歳の佐々岡やナックルボーラーのフェルナンデスには余り多くは望めず、高橋、長谷川の中継ぎからの再転向組も今更といった感がある。昨季負け星が大きく先行してしまった大竹が覚醒し、途中故障離脱があったダグラスがフルに回転しないと、昨季同様、苦しい戦いを強いられるだろう。また左の先発で実績らしい実績があるのは高橋建一人のみというお寒い状況。大きな上積みが見込める戦力も2年目の齊藤位しか見当たらず、左腕不足は深刻だ。逆に近年崩壊が続いていた中継ぎ陣は充実し、林、梅津、広池らの安定した軸に150善ο咾両緻遒魏辰┐董∩悗慮さも増してきている印象だ。ストッパーの永川は昨季防御率1点台と素晴らしい活躍を見せたが、連年活躍するのが困難な役目だけに、疲労がやや心配。


[好材料]

何といってもFA移籍が噂された黒田の残留だ。移籍の場合には投手陣崩壊の可能性もあっただけに、まずは一安心。若手の成長株、2年目の齊藤は昨季終盤に2試合先発したのみだが、その内容がともに素晴らしく、またファームでも安定した投球を続けていたことを考えれば、今季のローテ入りがあってもおかしくない逸材だ。更に34年ぶりに社会人から宮崎、上野、青木高の3投手を獲得。確実に戦力として計算できそうなのは上野のみだが、投手陣の厚みを増すという点では大きな補強だったと言える。ブラウン監督の中継ぎローテやブルペン球数制限の甲斐もあって、大きな故障者もなく戦力の繰り越しに成功しているのもいい材料だ。


[不安材料]

大黒柱、黒田の右ひじ手術の影響が気にかかる。経過は良好のようだが、繊細な感覚が命の投手にとって、僅かな違和感が大きく成績を左右する可能性もあるので、そうそう楽観視はできない。昨季の黒田離脱によって、完全に投手陣が崩壊してしまったことを思い返しても、これは最大の懸念材料だ。また長年の課題である左腕不足も相変わらずで、先発にリリーフに重用したベイルが退団したことで更に悪化してしまった。眠れる大器、河内の復調が待たれるが、フォーム固めから出発では過大な期待はできないだろう。


[お赤いの的注目株]

大竹 寛  Kan Ohtake

高3時には甲子園出場はなかったものの、アジア3A選手権にも召集されるなど、世代の中でもトップクラスの評価を受け、ドラフト1位でカープ入団。3年目には早くも一軍に定着し、しなやかなフォームから投込む150疏宛紊凌びのあるストレートを武器に、ストッパーとして活躍。翌年にはローテーション投手として、規定投球回をクリアし、10勝を挙げた。ただ、無駄な四球を出したり、勝負どころでのコントロールが甘く、更に飛躍を求められた昨季にも同様の弱点を露呈してしまい、6勝13敗という不本意な成績に終わってしまった。持っている球は間違いなく一級品だけに、今季は課題の精神面を克服して、真の一本立ちが望まれるところだ。

ohtake




 次代エースを担う大竹
 中国新聞より)


誰を取り上げようか迷いましたが、やはり高校時代から惚れこんでいるこの投手を。抜群の体重移動としなやかな肘、肩の使い方、まさに教科書に載るような美しいフォームの持ち主で、スピンが効いた球の伸びも、もう絶品の一言!こんな素晴らしい投手なのに、何でいっつもオドオドしながら投げているんだろうね〜。まだまだ若いんだから、好き勝手に投げても全然構わんのに。。そういや昔の野球小僧に、大竹高3時のインタビューが載ってたけど、その中で、
「お前ぐらいのボールがあって、なんで弱気になんなきゃいけないんだよぉってみんなに言われます」

「お前いいぞってたまに誉められるじゃないですか。それを自分、その気になってすごいピッチャーだなぁって、どうしても思えないんですよ。」
とか言ったんだよなぁ〜。

アンタは間違いなくすごいピッチャーですって!何であんな凄い球が投げられるのに天狗になれないのか、本当に摩訶不思議。今井のおっさんみたいに、ビールの一本でも飲ませてから登板させた方がいいんでないの?マジに。


************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
外野手の分析

・年齢は2007年での満年齢。(早生まれは+1歳)
・タイプは打力・守備能力・ファームでのポジションなどを考慮して決定。
・補強戦略という観点から外国人や31歳以上の選手は除外(敢えて計算外とする。)
青字は左打ち、緑字はスイッチヒッター、斜体は育成選手。

[戦力分布表]

    左翼         中堅          右翼

39              緒方

36   前田

31   森笠                     
−−−−−−−−−(戦力分岐ライン)−−−−−−−−−−
30   
29              廣瀬         
28              山田
27                           鞘師/井生
26   末永        中東
25   
24               天谷              
23   
22
21
20              鈴木
19   


[現状分析]
緒方・前田・嶋というレギュラー格の三人と実績のある森笠が分析対象から外れてしまったため、まるっきり話にならないかと思いきや、それなりには粒が揃ってる。

次世代外野陣の中心になるのは六大学三冠王の素質がようやく開花した廣瀬だろう。元々強肩を活かした外野守備には定評があったが、ドアスイング気味の打撃が一向に改善されずに、年々出場機会は減る一方だった。ようやく、昨季から取り組み続けた打法改造が効を奏し、今季終盤には打線の中軸を担うまでに至った。長きに渡ってセンターの座を守り続けた緒方の牙城をようやく崩せる選手が登場した感がある。

前田2世と言われる末永も高度な打撃技術の持ち主だが、本家と同じく慢性的な足の故障に悩まされ続け、肝心なところでチャンスを逃してしまっているのが痛い。また外野守備も並以下で、同様の弱点を持つ坪井(元日ハム)や清水(巨人)といった好打者たちが結局レギュラーに定着できなかったことを考えると、若干先行きに不安を覚えてしまう。この点の改善を是非頑張って欲しい。

巨人から移籍した山田は俊足を活かした外野守備、プロ8年目にしてようやく頭角を現した井生は選球眼の良さとどこでも守れるユーティリティーが武器だが、いずれも打撃面でパワー不足なのは否めない。

天谷はウエスタンで3度の盗塁王を獲得する程の快速選手だが、こちらも数々の故障に悩まされ、一軍では目立った結果を残せてはいない。守備面でも打球判断の甘さが目立つらしく、まだまだ勉強といった感じだろう。同じく身体能力の高さが売りの鞘師も相次ぐ故障のため、二軍暮らしが続いてしまっているのが現状だ。

今ドラフトで獲得した中東は大学まで捕手という異色の経歴の持ち主だが、プロでも十分通用する俊足を活かした外野守備と走塁が持ち味だ。打撃もなかなかコンパクトなスイングをしており、今季はどの程度プロの球に対応できるか注目したい。

昨年の高校生ドラフト1巡目の鈴木はプロレベルでも俊足・強肩の持ち主で、高校通算64本塁打とパワーも兼ね備えたことから大きな期待がかかったが、今季開幕前に右肩を痛めてしまい、そのまま丸一年を棒に振ってしまった。来季が実質1年目のつもりで、順調に成長して欲しい。

[補強の展望]

前田・緒方引退後も、嶋・森笠・廣瀬で数年は大丈夫だろう。ここは2009年完成予定の新球場を見据え、腰の据わった補強が望まれるところだ。昨年の鈴木のような俊足・強肩にパワーを持ち合わせた高校生を是非指名して欲しい。外野手の逸材がいなければ、投手や遊撃手からのコンバートも折り込んで貰いたい。全体的に野手に左打ちが少ないので、左の強打者タイプがベストだ。



戦力充実度 ★★★★★ ※
補強必要度 ★★★    ※※
構成バランス★★      ※※※

※現時点での戦力は充実しているか?
※※補強の必要性はあるか?
※※※年齢・タイプの構成的にバランスが取れているか?



ひー、ようやく終わった。。
しかし、読み返すと回を追うごとにどんどん文章量が多くなってきて、
もはや戦力分析というよりかは選手評になってるような・・・(・ω・;)

ともあれ、次からはこの補強戦略に合ったドラフト候補を探していく
予定。。・・・あくまで予定ね。








今日のカプ言:

maeda
_


ranking
回顧録の影響で延び延びになっていましたが、二遊間の分析です。
読んでくれている人がいるのか若干不安・・・(´・ω・`)

・年齢は2007年での満年齢。(早生まれは+1歳)
・タイプは打力・守備能力・ファームでのポジションなどを考慮して決定。
・補強戦略という観点から外国人や31歳以上の選手は除外(敢えて計算外とする。)
青字は左打ち、緑字はスイッチヒッター、斜体は育成選手。

[戦力分布表]

    二塁         兼用          遊撃

−−−−−−−−−(戦力分岐ライン)−−−−−−−−−−
30   
29               岡上          尾形
28   
27   東出         梵           山崎
26   
25   
24               
23   中谷         松本
22
21
20
19   


[現状分析]
ここ10年に渡り、カープのアキレス腱だった二遊間だが、という1ピースがはまるや否や、全てがうまく収まった感がある。決して派手さはないものの、意外なパンチ力を秘めた打撃、広い守備範囲と堅実なスローイングはまさに即戦力と呼ぶに相応しいもので、井端、二岡、鳥谷、石井、宮本といった他球団の遊撃手と比べても、全く見劣りがしない程、もう何年もプロでやっているかのような雰囲気さえ漂わせていた。打撃・走塁面とも更に上積みが見込め、二年目のジンクスも杞憂といっていいだろう。

梵とコンビを組むことで東出も復活した。元々ルーキーイヤーから一軍に上がり、野村に代わる将来の遊撃手として嘱望されたが、足元の怪我やメンタル的な問題でここ数年はくすぶり続けてきた。今季はブラウンの厚い信頼を受け、攻守ともに精彩を放ち、更なる巻き返しも期待できる。梵・東出という同年齢コンビの完成で、二遊間事情はぐっと好転したといって良いだろう。

若手の松本の存在も見逃せない。高校時代は外野手だっただけに守備面が危ぶまれたが、ここ2,3年で二塁・遊撃守備ともにプロレベルにまで急成長したのには驚かされた。まだ細かい動きに注文が付くが、このまま成長できれば数年後に梵・東出にとって代わっても全くおかしくない存在だ。打撃はまだ非力さが目立つが、それでも1軍でそこそこの結果を出しており、8盗塁を決めた俊足も大きな武器だ。

2005年シーズンに一番遊撃に定着し、シャープな打撃と俊足で旋風を巻き起こした尾形だが、右ひざじん帯断裂という致命的な大怪我を負ってしまった。元々大学時代に野球生命にかかわる大怪我をした箇所だけに、遊撃復帰はまず困難だろう。今後は外野への転向が予想され、二遊間での戦力からは外して考えたい。

俊足と巧みな守備で一時期は正遊撃手候補にも挙げられた岡上だが、故障がちなのと打撃面でいまいち成長が見られないのが残念だ。尾形故障後に一時遊撃のレギュラーとなった山崎も守備は堅実だが、その他の部分の魅力にやや欠けている。育成選手の中谷は守備・走塁ともに順調に成長しているようだが、今後は打撃の向上が課題となるだろう。

[補強の展望]
梵・東出に加えて、俊足巧打タイプの松本・中谷、堅実守備の岡上・山崎とメンバーは揃っているので、早急な補強は必要ない。ただ尾形の内野復帰が困難なことを考えると、一軍に4人上げてしまうと、二軍では二遊間がわずか2人となってしまう。山本芳・大須賀などショート経験者はいるが、せっかくなので高校生遊撃手を獲ってじっくり育てたいところだ。上背がない俊足巧打タイプが多いので、攻撃型の遊撃手の指名が面白いだろう。

戦力充実度 ★★★★ ※
補強必要度 ★★    ※※
構成バランス★★★★ ※※※

※現時点での戦力は充実しているか?
※※補強の必要性はあるか?
※※※年齢・タイプの構成的にバランスが取れているか?






今日のカプ言:「何となく作ってみた年度別対比表」

      (‘ ε ’)               (・ ε ・)
1999   △ノムにゼブラと罵られる  ▲前途洋々のプロデビュー
2000   ×ノムの元幽閉         〇レギュラー獲得
2001   △バント要員          ◎フル出場W杯ベストナイン!
2002   〇センイチ起用で復活!   ▲怪我で一頓挫
2003   ◎首位打者獲得!      ×遊撃失格、打率1割
2004   〇ボチボチでんな       △ラッカルの控え
2005   ◎打点王獲得!        ×二軍幽閉
2006   ×故障発生、絶不調      ◎マーティー起用で復活!  

(・ ε ・)<兄ちゃん反比例しすぎ!
(‘ ε ’)<お前モナー



麗しい兄弟愛にクックル つranking
一・三塁手の分析

・年齢は2007年での満年齢。(早生まれは+1歳)
・タイプは打力・守備能力・ファームでのポジションなどを考慮して決定。
・補強戦略という観点から外国人や31歳以上の選手は除外(敢えて計算外とする。)
青字は左打ち、緑字はスイッチヒッター

[戦力分布表]

    一塁         兼用          三塁

31                           新井
−−−−−−−−−(戦力分岐ライン)−−−−−−−−−−
30   
29 
28                           大須賀
27
26   栗原                     比嘉
25                           甲斐
24               山本芳
23   吉田
22
21
20
19   

[現状分析]
ギリギリ新井が戦力外となってしまったが、今後を考えるという意味ではむしろ好都合かもしれない。今季栗原が腰痛でリタイアしてからは外野手の広瀬や井生を一塁に起用して何とかお茶を濁したが、来季以降新井が欠場の場合には誰がサードを守るのか、まったく目処が立っていない。栗原も過去にサード経験はあるが、ヘルニア持ちとなった現在では守備面で負担は強いれない。他のメンバーを起用しても、二遊間から誰かを回すにしても、打力が致命的に下がってしまうのは避けられない。

逆に一塁は怪我さえなければ栗原のレギュラーの座は揺るがないだろう。相変わらず打撃に粗さは残るが、年々対応力も増しつつあり、フルシーズンで3割30本打てる貴重な和製大砲だ。ただ外国人との比較もされ易いポジションだけに、持ち前の練習熱心さで、打撃・守備ともに磨きをかけて欲しい。

今季一軍初出場を果たした吉田の打撃を数回見たが、なかなかの打撃センスで、ファームでも4番を任されているだけのことはあると感じた。ただ栗原がいる以上一塁のレギュラーを獲ることはかなり困難だ。元々が外野手登録なだけに、外野の方がチャンスはあると思うが、左肩痛の影響があるのだろうか?

和田、鳥谷、青木らとともに早稲田の黄金時代担った比嘉は、大柄な体格にも関わらず、当時から小じんまりとしたスイングに終始していた。打法改造にも取り組んでいるようなので、持ち味を活かした打撃を身に付けて欲しい。向上心の高さは折り紙つきだ。

同じく大型内野手の甲斐はウエスタンでも首位打者争いに加わるなど打撃の評価は高いが、効不調の波が激しいことと、腰高の守備に難があり、ファームでも二桁失策が続いている。何かきっかけを掴んで、一軍の壁を破りたいところだ。

投手から転向の山本芳は年々出場機会を増やし、今季はウエスタンの打撃上位にも顔を出すようになり、終盤には念願の一軍出場も果たした。パワー、スピードとも、もうワンランクアップさせて、一軍定着を目指して欲しい。

巨人から移籍の大須賀は大学時代は強肩強打の遊撃手として評判を集めたが、プロ入り後は自分の特色を見失っているようだ。まずは守備力をアップさせることが一軍入りの近道だろう。


[補強の展望]
一塁はともかくとして、新井後の三塁をそろそろ考えた方がいい時期に来ている。5年後に世代交代を考えるとやはり高校生の補強がベストだろう。高校からサード専任よりも、むしろ身体能力抜群のピッチャーやショートをコンバートする方が楽しみがある。高卒野手の育成には定評があるカープだけに、是非大物打ちで華のある選手を獲得して欲しい。



戦力充実度 ★★★★ ※
補強必要度 ★★★   ※※
構成バランス★★    ※※※

※現時点での戦力は充実しているか?
※※補強の必要性はあるか?
※※※年齢・タイプの構成的にバランスが取れているか?








今日のカプ言:「野球センスなんて飾りですよ。( ̄粗 ̄)」


↓ランキングに参加してみました。押して頂けると嬉しいな。
ranking
1 / 2 >>

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR