スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

カープ10大妄想の続きです。
※画像はいずれも中国新聞からの転載

                     *


第5位 永川、セーブ王に輝く!

nagakawa







 もう劇場なんて言わせない!


昨季は序盤は中継ぎとして登板も、ベイル故障のあおりを受けてストッパーに転向。そこから27セーブ、防御率は1.66と、ここ10数年のカープの抑えの中でもNO1といえる好成績を挙げ、充実したシーズンを過ごした永川。しかし、同一リーグに岩瀬や藤川という絶対的ストッパーがいたために、「リーグを代表する」という冠詞を付けるには今一歩躊躇してしまうのもまた事実。ここは是非セーブ王のタイトルを獲得して、その二人と並ぶリリーフ投手としての地位を確立して欲しいもんです。藤川は来季は中継ぎに戻るという話もあるので、敵は岩瀬一人あるのみ!シーズン初頭からストッパーならば、チャンスはあるはず!後はセーブが付く場面をいかに多くするか、これもチーム全体の協力が不可欠なので、とにかくALL-INで!

実現可能性 ★★★


                     *


第4位 東出・梵コンビ、ゴールデングラブ賞受賞!

hot2








 南国で二人愛を育むの図


正田・野村のコンビが崩壊して以来、カープの二遊間は毎年の如く選手が入れ替わり、守備的に安定することは殆どなく、長年に渡りチームの癌といえる状況でした。昨季ようやくもって東出・梵のコンビが結成されたことにより、今後5年ほどは安心して見られる二遊間が完成したのは喜ばしい限り。昨季の秋季キャンプでもひたすら二人のコンビプレイの強化が徹底され、今季は更なる発展が見込めます。ただライバルはいわずと知れたアライバコンビ。3年連続してコンビでゴールデングラブ賞を受賞し、知名度や印象を合わせて考えると、この牙城を崩すのはかなりの困難が予想されますな。ただ記者の投票で決まるこの賞は単に守備力だけで決定される訳ではなく、打力も含めた総合的な評価になりがちなのは良く知られたところ。ここは二人してアライバを凌駕する打撃成績を収めたならば、あるいはというところまで持っていけるかも!?


実現可能性 


                     *


第3位 黒田3年連続タイトル獲得!

kuroda







 超エース様!



05年は最多勝、06年は最優秀防御率と連続してタイトルを獲得し、いまやカープのみならず、球界でも屈指のエースの地位を築いた黒田。来季のプレイオフ進出の夢はこの男の活躍抜きには考えられないでしょう。最多勝か最優秀防御率、この投手の2大タイトルを3年連続して獲得したのは長い球史の中でも稲尾(56-58)、野茂(90-93)、伊良部(94-96)、松坂(99-01)と僅かに4人のみで、セリーグでは皆無という困難な記録。しかし、今の黒田ならば、これらの面々に比べても決してヒケを取らない力量を備えていると思うので、ぜひともタイトルを獲得して球史にその名を刻むエースとなって欲しいもの。対抗は隔年傾向があるとはいえ、今季の最優秀投手に輝いた川上はもちろん、実績のある上原、三浦、百戦錬磨の山本昌、下柳、更には伸び盛りの内海、姜や朝倉、中田といった辺りが挙がってきますな。

実現可能性 ★★★


                     *


第2位 前田2000本安打達成!

maeda






 いよいよカウントダウン!


これはもう妄想というか、絶対に実現して欲しい記録な訳でして。残りは94本と普通にいけばオールスター前後には達成されそうです。2000本の重圧は過去の達成者が語るように相当のものがあるそうですが、まだまだ十分に主力級の力量を保っている前田ならば何事も無かったかのようにサラリと達成してくれそうな気がしますな。ぜひとも2000本安打を達成し、群がる番記者に「まぁ別に通過点だから」と答えて、記事の書きようがないと皆を困惑させまくる前田が見てみたいw


実現可能性 ★★★★★


                     *



第1位 カープ、プレイオフ進出へ!

画像は各自妄想するんだ!

そして第一位はなんといってもこれでしょう。今までの妄想も是非達成して欲しいものばかりですが、それらを全てひっくるめても、このプレイオフ進出には及びません。現在9年連続Bクラスという暗黒時代の真っ只中なんだけど、昨季にマーティーがその暗闇を振り払う一陣の風を送り込み、更に黒田の残留宣言を経て、フロントも、選手も、ファンも、これまでになく盛り上がり、カープの躍進を後押しするムードが高まりつつあります。この波に乗らない手はありませんぜ!もちろん飛びぬけた戦力補強もないし、中日、阪神の選手層は分厚いし、ライバルとなりそうな巨人は大型補強に余念がないし、決して平坦な道のりではないのは千も承知!でも、でも、これまで弱い中、ずっと見捨てずに応援してきたファンの願いはきっと届くはず!フロントが、ファンが、首脳陣が、選手が、一体となって真のALL−INを実現したならば、必ずその日はやってくるとオレは信じてるよ!そして晴れの暁には、ともに旨酒を酌み交わそうじゃないか!2007年、それいけカープ!!∩( ・ω・)∩


実現可能性 


                     *


正月気分でビール飲みながら書き綴ってましたんで、ラリってたらすいませんw
今年は脳内妄想だけじゃなくって、現実にも報われたいですのぉ。


↓ 新規読者獲得のため、クリックお願いします。
ranking
さて新年早々とあって、いつもトホホ臭の強い記事ではなく、たまには景気良く妄想爆発!みたいな記事も悪くないんじゃないかと思い、やってみました。

お題は、2007年カープ10大妄想でございます。

07年に実現して欲しい妄想をランキングと実現可能性付きで発表いたします!

※画像はいずれも中国新聞からの転載です。



                     *



第10位 復活の河内!

kawauchi






 このままでは高木晃次化一直線?
 正念場の河内



3年目辺りには大成の予兆を見せ、多くのファンは次代の左エースは河内で間違いなし!と思ったことでしょう。もちろん自分も夢見まくりだったけど・・・当時の自分に、4年後には河内はやっとこさ135舛靴出ず、ほとんどスライダー頼りのヘロヘロサイドスローになっとるで、なんて伝えても絶対に信じんであろう。今でも信じられないけど・・・(´・ω・`)

今年は再度オーバーに転向し、先発に再チャレンジとのこと。こんなことならば、最初からじっくりとフォーム固めしとけば・・・と今更ながらに悔やまれるけど、これまでの失敗も、河内の成長のためには必要なのだったと無理やり信じるから!頼むから何とかしてくれ〜!

実現可能性 

・・・妄想爆発のはずなのに何だがハジけないですな。。
河内というチョイスがマズかったか。(・ω・;)


                     *


第9位 梵、30盗塁達成!

soyogi







 英心、可愛いよ、英心!(*´Д`*)


昨季は堅実な守備と思い切りのいい打撃・走塁で、マーティーとともにカープの野球に変革をもたらし、新人王も獲得。これ以上ない位の好成績を収めましたが、今季は更に上を目指し、トップバッターとして30盗塁以上を狙うとの意気込みを発しております。盗塁は決して足の速さだけで稼げるものではなく、出塁率、相手投手の癖を見抜く観察力、シーズンを通してのコンディション調整などが重要になりますが、そうした課題すらこの梵ならばあっさりこなしてくれそうな気が致します。

ただ30盗塁というのは、ここ5年でセリーグで達成したのは、赤星(阪神)、荒木(中日)、青木(ヤクルト)の僅か3人のみと決して容易い数字ではないことは確か。達成のためには、上記の課題に加えて、2番、3番が梵が塁上にいる場合には、早打ちをせずにカウントを整えていくことも必須になってきますわ。ここはぜひともALL-INの精神で、チーム全体が梵の走塁をサポートしてくれることを期待!

実現可能性 ★★


                     *


第8位 マーティサプライズまたもや炸裂! 

base







 ベースは投げても試合は投げない
 闘将マーティー



緒方・前田の1・2番、ベース投げ、自分に退場宣告、内野5人守備、ブルペンデーなど、数々の衝撃とお笑いをカープにもたらしてくれたマーティーが一体今年は何をやってくれるのか、もう想像しただけで実にワクワクしますのう。結果的に笑うに笑えなくなった結末になってしまったものもあったけど、それでも常識に捉われず、失敗を恐れずにチャレンジしていくマーティーの姿に、勇気付けられたファンも大勢いたのではないでしょうか?内容は予想できないけど、そこは生粋のショーマン、マーティーのこと、観ているものをポカーン( ゚Д゚)とさせるサプライズを今年も仕掛けてくれるものと思い切り期待しております!


実現可能性 ★★★★★


                     *


第7位 3年連続感動のフィナーレ!

lastgame






 どっちが引退するのかよう分からん
 感動の一幕



05年、06年の最終戦、真っ赤に染まった観客席の盛り上がりはテレビで見ていても伝わってきました。そして「野球はいいもんだぞ〜!野球は楽しいぞ〜」、「ボクはカープが大好きです!」といった名言が産まれた引退スピーチには、もう涙留まることを知らず・・・・゚・(つД`)・゚・

これはどっちかといえば実現して欲しくない方の妄想になりますが、来季40歳の佐々岡、39歳の緒方には引退という二文字がちらついていることはやっぱり否めないところで。佐々岡には今季にも引退の噂が流れたし、緒方も自分が納得できない成績だったならば、きっと期するものがあるんじゃないかと思います。もし、この二人の引退セレモニーが組まれるとしても、その場がプレイオフ進出の意気込みを語るものであってくれれば、これに勝る喜びはありませんぞ!もちろんベストは二人とも満足できる成績を挙げて貰って残留してくれることなんだけど、それが叶わずとも有終の美を飾れるような、そんな場をチーム全体で作り上げてくれることを期待!

てゆっか、こんな素晴らしい試合が何で平日開催なんだよぉ〜!
もし休日にやってくれれば絶対に駆けつけたのに!
ああ、畜生、仕事が憎い!社会人なんてでぇ嫌いだっ!ヽ(`Д´)ノ

実現可能性 ★★★


                     *


第6位 2年連続新人王受賞!

celemony





 ピーコから受賞される梵。
 監督じゃなくてホントに良かった。



澤崎以来、9年間新人王がなかったカープでしたが、昨年は吉村(横浜)や佐藤(中日)らとの争いの中で梵が見事に新人王の栄誉に輝きました。80年代は4人もの新人王を輩出したものの、逆指名ドラフト導入以後は振るわなかったので、ここは是非その勢いのままに連続して新人王を獲得して欲しいもんですな。昨季終盤に鮮烈なデビューを果たした左腕齊藤、宮崎、上野、青木、中東といった社会人からの加入組など有力候補が多数おり、期待大!他球団では横浜の山口や新人の高崎、ヤクルトの武内といった辺りが出場機会も多く、ライバルとなりそうですな。

実現可能性 ★★★


                     *


いつもの如く長くなったので、続きは明日ということで。野球ブロガーの皆様、ネタもないことですし、この企画に参加してみませんか?なんて誘ってみたり。


正月休みのおかげでランキングだだ落ち・・・orz
更新の励みにもなりますんで、1クリックお願いします。
    ↓
ranking
前田愛好家さんが“なぜ野球基地は競馬とドラクエが好きなのか”という記事を書いておられたので、ご多分にもれずドラクエ愛好家な私としても触発されてみようかと。

作成にあたって、こちらのツールを使用させて頂きました。


                     *



















去年のデイビー放出もがっかりでしたが、このときの加藤伸一放出は前年度規定投球回に達し、防御率リーグ7位の投手を自由契約にするという言語道断の行いでした。当時球団部長の上土井氏曰く、「チームの若返りのため」とのことでしたが、年俸抑制の意図が見え見えだったのには何とも。貧乏はつらいよ。


                     *







思い出したくもない黒歴史でしたな。沙知代に虐待された恨みを晴らすべく、日本野球を崩壊させようとする団野村の思う壺にまんまとはまってしまいました。最近でもグリンの移籍騒動があったし、怨讐うずまくこの一家には二度と関わることのないように祈りたいもの。


                     *


ちょっと古目のネタにしときました。つーか、最近ドラクエやってないんで、どんな会話があったとか思い出せん・・・好評だったら続きも考えてみようかと思います。

↓いつも応援感謝です。
ranking
さて野球ファンの間では巨人が小久保FAの人的補償として吉武を獲得とか、逆に門倉FAの人的補償として横浜が巨人からどの選手を獲得するのか、といったことが話題になっているようだけど、FA選手の獲得なんてことはカープファンにあってははなっから全く話題にすら登らない訳でして、それも何だか面白くねえなあ、つーことで考えてみました。

お題は、

カープがもしもFA選手を獲得したら、一体誰が人的補償になるのか?

でございます。

つか、カープの選手は誰しも大切で、一人として不必要と思う選手はおらんし、あまり順位付けとかもしたくないんだけど、あくまでシーズンオフのお遊びということでご勘弁下され。m(__)m なにしろネタがなくてねえ。


                     *


さてFA人的保障についての規定は、

(2)選手による補償は、当該FA宣言選手と選手契約した球団が保有する支配下選手のうち、外国人選手および同球団が任意に定めた28名を除いた選手名簿から旧球団が当該FA宣言選手1名につき各1名を選び、獲得することができる。(中略)[野球協約第205条]
ということになっとりまして。28人のプロテクト選手と、外国人選手とまだ支配下登録されていないドラフト獲得選手を除いた選手から人的補償を獲得できるということですな。


                     *


それではカープにおいて、まっさきにプロテクトをかけなくてはならない選手は誰だろうか?

私はそれに、佐々岡・緒方・前田のベテラン三人を挙げたい。

異論反論あるかと思う。特に佐々岡、緒方は高齢だし、たとえプロテクトから外しても獲得に動く球団は少ないだろう。それでもなお、この三人は、この10数年間カープの屋台骨としてカープを支え続けた、いわばカープの血であり肉である選手たち。その彼らに対してプロテクトを外すなんて失礼極まりない行為は出来るはずもないと思うのだ。最近では彼らの若い頃を知らないのか、高給の緒方や佐々岡を切れ、なんて意見もちらほら見かけるけど、それはとんでもない浅はかな見識だと思う。彼らを切り捨ててドライな経営を行うカープに一体誰が魅力を感じるのか、ベテランを次々と切り捨てていったオリックスが球団合併前にどんなチームになったのか、ちょっとは考えてみろと小一時間(ry


                     *


さてそんなことを言っているときりがないんで、どんどんプロテクトを考えてゆこうかと。次にチームの軸となっている選手が対象で、投手陣ではエース黒田は当然のこと、若手の中心となる大竹、ストッパー永川らが、捕手では正捕手を争う石原・倉、内野では栗原・東出・梵・新井、外野では嶋といったレギュラー陣は当然プロテクトに入ってきますな。

この時点でプロテクト枠は残り16人。
プロテクトをかけていない選手は以下の通り。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[捕_手] 白濱・木村・山本翔・上村
[内野手] 山崎・尾形・比嘉・岡上・松本・大須賀・甲斐・山本芳・中谷
[外野手] 井生・廣瀬・鞘師・森笠・山田・吉田・鈴木・末永・天谷

[右投手] 小山田・梅原・森・田中・横山・佐藤・青木勇・梅津・長谷川・
____ 林・飯田・今井・丸木
[左投手] 佐竹・高橋・河内・広池・仁部・大島・小島・齊藤・相澤・金城
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

うひ〜、この中から16人を選ぶのもなかなか大変だわ。

次に今の時点で一軍で必要な戦力として、必要度の高い選手たちをピックアップしときます。内野手では松本、外野手では廣瀬、森笠、投手では中継ぎサイドハンドの林、梅津らがプロテクトされる可能性が高いでしょう。

残り11

そして一軍で使える左腕投手は価値が高いので、若手を中心に河内、大島、小島といったあたりを選出。

残り8

また若手の成長株として、今季高卒初勝利を挙げたホープ齊藤、将来の正捕手候補白濱、昨年のドラ1鈴木、速球派の佐藤、今井といったところは外せないところですな。

残り3

ええ〜、もう残り3人かよ!
プロテクト枠少なすぎ!( ゚Д゚)


                     *


この時点でプロテクト外なのは以下のような感じに。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
[捕_手] 木村・山本翔・上村
[内野手] 山崎・尾形・比嘉・岡上・大須賀・甲斐・山本芳・中谷
[外野手] 井生・鞘師・山田・吉田・末永・天谷

[右投手] 小山田・梅原・森・田中・横山・青木勇・長谷川・飯田・丸木
[左投手] 佐竹・高橋・広池・仁部・相澤・金城
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

うお〜こんな中から3人しか選べんのか!これは厳しい・・・
ここからは相手球団が欲しがる戦力との駆け引きとなりそうですな。

・相手が先発投手が欲しいのなら小山田、長谷川
・左投手を補強したいのなら佐竹、広池
・打者を重視するなら木村、山崎、末永
・若手の成長株を狙うのならば天谷、相澤
といったところにプロテクトをかけなくてはならんでしょう。

まあお遊びなんでこれ位で止めときますが、やっぱりどの選手も入団時から、下手したらアマ時代からずっと見守り続けた選手たちなので、そうそう外に出して欲しくはないというのが正直なとこですわ。福地や菊地原のように外にでて開花したのはもちろん嬉しいけれど、やっぱり一抹の寂しさは残るというか・・・こういう発想がカープのぬるま湯的体質を生み出しているんでしょうな。

だが、そのゆるま湯の生暖かさが至極心地良かったりするので、いつまでたっても外に出られませんよ。(*´Д`*)


結論−カープは絶対FA選手を獲らないように!


                     *


今日のカプ言:( ̄粗 ̄) <カープのハート&ソウルと呼んでください。


↓押して頂けると励みになります。
ranking
オフ企画、「2006年のカープを淡々と振り返るよ」の続きです。


7.今年のブラウン監督に点数を付けると何点?(100点満点で


100点満点!


まるで妄想の国からやってきた理想の監督!


就任前からラロッカやレイボーンを送り込み、軽視されがちだったウエイトトレの重要性を説き、選手と積極的に対話して一体感を作り、スコアラーを活用したデータ野球を取り入れ、ストライク重視の発想で四球数を激減させ、出塁率、進塁を重視するケース打撃を浸透させ、中継ぎローテーション制・ブルペン球数制限を導入して肩の消耗を防ぎ、他にも成功はしなかったが、緒方・前田の1・2番、ライン際を空ける内野守備、中四日ローテといった従来の固定観念に捉われない斬新な戦略を打ちたて、それが失敗するや、すぐに改善する発想の切り替えの早さを見せてくれた。

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 マーティ!マーティ!
 ⊂彡

更にメンタルの弱かった東出の復活を導き、開幕から全く不振だった梵を使い続けて、長年の懸案だった二遊間を固定させ、廣瀬、末永、井生、山田、松本といった若手に公平にチャンスを与えてやる気と競争をうながし、マイナスの意識が染み付いたチームをウィットの効いた言葉で叱咤激励し、退場も辞さずに先頭に立ってナインを鼓舞して士気を高め、ベースを投げては話題をさらい、ベースを払っては話題をさらい、怪我して二軍落ちした選手への配慮も忘れず、ファームの試合にすら顔を出して戦力を見極めるなど八面六臂の働きを見せた。

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 ブラウン!ブラウン!
 ⊂彡


おまけにオフシーズンには積極的に地域活動に加わってファンの輪を広め、元ちゃんのやる気をも高めて即戦力投手の獲得に邁進させ、結果、移籍に揺れていた黒田の心を繋ぎ止めることにも成功し、ドラフトで入団が微妙だった選手の下に即日駆けつけて誠意を伝えて感激させ、何よりここ数年すっかり諦めかけていたファンに、この上ない希望に満ち溢れたシーズン到来を予感させてくれている!こんな素晴らしい監督が未だかつていただろうか!?しかもこんな人が広島OBなんだぜ!バレンタインやヒルマンとは訳が違うんだぜ!ぶっちゃけ、カープのことを愛しちゃってるんだぜ!

そりゃ〜、倉・石原の併用とか、同国人びいき(特にロマノ)とか、後半戦の中継ぎの起用方法だとか、コーチの領分にも口を出すとか、多少の瑕疵はあったさ。でもでもマーティーがカープにもたらしてくれた数々の成果を考えれば、そんなもん論じるに値しないよ!カープファンになって十数余年、酷采配、珍采配、糞采配に、耐えて、耐えて、耐え抜いて、ようやくこんな素敵な監督に巡り合えて、オレは今最高に幸せだ!


ノーモア、ミ〇ー!
ノーモア、〇っちゃん!
ノーモア、ピー〇!

いますぐマーティーに終身名誉監督の称号を!




8.ブロガーが選ぶ、2006年のカープMVP(1名・選手限定)


黒田 博樹

以上。説明なんか要らないよね。

( `仝´ ) <お前に言われんでも(ry



9.ズバリ、来年のカープは何位?


本音をいえば3位だけど、
あえて言おう、1位であると。

(=゚ω゚)ノぃぉぅ


10.カープ以外で、今年表彰したい選手・チーム(1人・1チーム)


選 手:三浦 大輔(横浜)

黒田とともに球界悲運のエースの座を争う男。
投げても投げても勝ち星は付かずにチームは低迷。
そんな中でもくさらずに投げ続けるその姿に感動!

チーム:西武ライオンズ

ストッパー豊田、セットアッパー森、大砲フェルナンデスと相次ぐ
主力の流出でどうなることかと思われた今季だが、涌井、小野寺、片岡、
炭谷、栗山といった若手選手が次々とブレイクし、惜しくも日本シリーズ
は逃したものの、オチに、「(出てきたら)西武が一番怖い。」とまで
言わしめる程の勢いのあるチームとなった。
ここのチーム作りをカープもぜひ参考にして欲しい。



以上で「2006年のカープを淡々と振り返るよ」でした。
つかカープを淡々と振り返るなんて俺には無理だ・・・

管理人の暴走に呆れた人はrankingをクリック

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
以下、本企画のテンプレートになります。
楽しい企画ですので、ぜひ皆さんも参加してみて下さい。
コメントもお待ちしております。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【企画名称】
2006年のカープを淡々と振り返るよ

【企画内容】
とうとう「12球団で最も優勝から遠い球団」となってしまった我らがカープ。
しかし、ブラウン新監督を迎え、昨年までとは明らかに異なる手応えを感じているファンの皆様も多いと思います。
来年以降の快進撃を願う上でも、ぜひ今年のカープを振り返って頂きたいと思います。

【参加方法】
以下の質問に回答し、エントリを作成した上で当記事にトラックバックをお送り下さい。
元記事:http://blog.livedoor.jp/tugend1/archives/51260787.html
TB先:http://app.blog.livedoor.jp/tugend1/tb.cgi/51260787
また、ブログをお持ちでない場合や、トラックバックが送れない場合は、コメント欄での参加も受け付けます。

なお、できるだけ「選んだ理由」を書き添えて下さいますようお願い致します(集計記事に反映させていただきます)。

【お題】
1.今年活躍したと思うカープの投手(3名まで)
2.今年活躍したと思うカープの野手(3名まで)
3.今年印象に残ったカープの試合(3試合まで)
4.今年もう少し頑張って欲しかったカープの選手(3名まで)
5.来年の活躍を期待しているカープの選手(3名まで)
6.カープ関連の新語・流行語大賞ノミネート用語(3つまで)
7.今年のブラウン監督に点数を付けると何点?(100点満点で)
8.ブロガーが選ぶ、2006年のカープMVP(1名・選手限定)
9.ズバリ、来年のカープは何位?
10.カープ以外で、今年表彰したい選手・チーム(1人・1チーム)


【皆様へのお願い】
・締め切りは2006年12月24日(日)23:59です。
 これ以降にいただいたTB・コメントは集計に反映いたしません。
・ネタ、特に自虐ネタは笑える範囲でお願い致します。
・他球団を含め、選手・球団・ファンを誹謗中傷する内容、また他人を不快にさせると管理人が判断した回答につきましては、予告なく削除致します。「マナーを守って楽しいブログ」。よろしくお願い致します。
・回答結果につきましては、管理人が集計した上で発表致します。
・どなたにも気軽にご参加いただけるようテンプレートをコピーして文末に貼り付けて下さるようお願いします。

  企画者:「孤空の彼方へ」管理人 tugend(つげ)
      http://blog.livedoor.jp/tugend1/
1 / 2 >>

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR