スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

中継ぎ検証の続き。今回で最終回です。
初回は→コチラ

注記事項は以下の通り

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・その年に主に中継ぎとして起用された4投手が集計対象
・平均値は近3年のデータを使用
(球団の統合・新設のあったオリックス・楽天は近2年での集計)
・平均試合数・平均登板回数は少ない程順位が上
・順位が上位3球団の場合には、下位3球団の場合にはで表示
・旧年俸とはその年の中継ぎ投手の年俸平均値、新年俸とは契約更改後の年俸平均値
・年俸計算は2007年契約更改は対象に入っていない。
・シーズン後海外移籍した場合には年俸の推移は現状維持として換算
・一回毎報酬とは一イニングあたりの報酬額
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

もっとも中継ぎが恵まれない二球団をお伝え致します。。
ああ、身内の恥を晒すようで痛い・・・(´・ω・`)

                     *


第11位 オリックスバファローズ

<メンバー> 
2005年 加藤・菊地原・萩原・歌藤
2006年 加藤・ユウキ・萩原・菊地原

<成績>
平均登板試合数   48.5試合
平均投球回数      57.0回
平均防御率         3.28
平均旧年俸      2537万円
平均新年俸      3475万円
年俸上昇率       136.9% 王冠2
一回毎報酬        46万円

<評価>
球団統合のためサンプルは2年だけだが、加藤、菊地原を中心に強固な中継ぎ陣を構成している。しかしながら、起用方法にはかなりの問題がある。05年シーズンは加藤・菊地原・萩原で平均73イニングと使い込まれる中で防御率2.81と奮闘したが、06年シーズンではさすがにその影響が出たのか、平均48イニング、防御率3.87と大きく成績を落としてしまった。またアップ率は元々が安かった菊地原の大幅増(1300→4300)があったものの、成績に割には報酬面で報われているとはいい難い。こき使われる中でいい仕事をしているにも関わらず、無策な上司のせいで見返りも無い、そんな今時の負け組サラリーマンの悲痛な叫びが聞こえてくるようだ。

<お赤いの的表彰選手>
加藤 大輔 投手

村田兆二に倣ったという力感あるフォームから繰り出すは150祖兇旅簑球と魔球ナックルカーブ!凄い投手なのになんか影薄いよな〜。清原やノリなんぞを売り出す暇があったら、加藤をちょっとはアピールせんかいとオリックスフロントを小一時間(ry 入団当初から使い込まれて二年目は故障でほぼ一年を棒に振り、ここ二年間はフル稼働と弱体投手陣の中のツケを背負わされているのには涙をそそりますな。12球団屈指のスケールを誇る剛腕セットアッパーに敬礼!('◇';ゞ


                     *


第12位 広島東洋カープ

<メンバー>
2004年 林・佐竹・澤崎・天野
2005年 永川・横山・佐竹・広池
2006年 林・広池・横山・長谷川


<成績>
平均登板試合数   45.8試合
平均投球回数      47.3回
平均防御率         4.59 あせあせ
平均旧年俸      1495万円 あせあせ
平均新年俸      1768万円 あせあせ
年俸上昇率       118.2%
一回毎報酬        31万円 あせあせ


<評価>

圧 倒 的 ぢ ゃ な い か、我 が 軍 は 

_| ̄|〇
 









・・・てゆっか、何、この数字は?

いやね、カープだから安いってのは最初から分かっていたよ。でもね、せいぜい他球団の2/3程度だろうと思っていたのさ。それだどうだい?


平均年俸は旧・新とも1位ロッテの約1/4!

他11球団平均と比べても約1/3!

11位オリックスと比較してすら約2/3!




なんつーか、一言でいえば、










_


・゚・(つД`)・゚・



                     *




いやはや、幾らなんでもこれはまずいっしょ?もちろん防御率もずば抜けて最下位だから、一概に出し渋りだとかは言えないよ。でもさ、球団の戦略として、どうも中継ぎという役割への意識があまりに低くないか?いい球を投げられる投手は適性も省みず全て先発に回して、先発になれなかった投手が中継ぎをやるっていう前時代の発想から脱却できてなくない?もちろん今年はマーティーが来てくれて、それを払拭するような動きを見せてくれたんだけど、中継ぎの査定は相変わらずだったし、そのせいで積極的に中継ぎをやろうって感じにはならないでなくって?もういい加減、中継ぎは、先発とも抑えに比べても劣らないほど重要な役目を担っているんだってことを、チームの遺伝子の中に組み込む必要があるんじゃなかろうか?などと不満タレブー。まるで働けども働けども給料の上限が知れている、家族経営の零細企業みたいな悲愴っぷりだ。(´;ω;`)

・・・つーか、どうにかならんかね、これ?半ば冗談で始めた企画だったのに、出てきた結果のあまりの凄さにちょっと引いちゃったよ・・・来年の年俸更改の前に、この記事の元にしたデータをもっと詳しくして、年俸更改時の資料として、中継ぎ投手のみんなに送ってあげようかな、なんて真剣に思ったり。(・ω・;)


<お赤いの的表彰選手>
林 昌樹 投手

ここ3年の成績と年俸推移はこんな感じ。

2004年 47試合 45回 防御率4.14 年俸600→1000万円
2005年  5試合  3回 防御率7.36 年俸1000→800万円
2006年 61試合 65回 防御率3.58 年俸800→1600万円

04、06と実質中継ぎエースといっても良かった活躍をみせたのに、
何たる薄給・・・林に似たような数字を残した選手を探してみると、

吉川 昌宏(ヤクルト)
2004年 10試合 11回 防御率7.15 年俸 650→ 680万円 
2005年 61試合 58回 防御率3.72 年俸 680→2700万円
2006年 23試合 26回 防御率3.46 年俸2700→2350万円

とその報われなさが良く分かります。。しかし、なんつー評価の低さだよ。特に今季は前半戦、打線が全く点が取れない中でなんとか勝ちを拾っていけたのは、勝負どころで林がピシャリと抑えてくれたからでないの?正直言って3割30本100打点の打者一人よりかは、林が5人いた方がよっぽどチームが強くなるんじゃないか?と野手の査定にまで矛先が向かい兼ねないほど、苛立ちまくり。これだけはホント頼むよ、元ちゃんよぉ。

NPBNO1報われないカープの中継ぎエースに敬礼!('◇';ゞ


                     *



ともあれ、今回で「12球団中継ぎ課、徹底検証!」企画は終了です。お楽しみ頂けましたでしょうか。ホントはもっと長いスパン(5年位)で統計を取ったほうが良かったのですが、球団合併があったせいでちょっと難しかったんですよね。あと来季の契約更改で年俸面の数字は変わりそうなので、ご要望があればもう一回ランキングし直してみようかなと。しかし、こう統計にしてみると、評価されにくい中継ぎ投手の実情が改めて実感できたなぁ。やっぱり先発や抑えに比べると断然知名度が低いし、無理使いされて安定した成績が残せない選手も数多くおりましたわ。

プロ野球ファンの皆様方、来季野球を見るときには是非彼らの働きにも注目してやってください。そして、打たれた時にでも(特にカープファンは)、あの年俸の安さに免じて、あまりキツいことは言わんで下さい。今時あんな薄給でも大した文句も言わずに働いてくれるのは彼ら位ですよ。黒田投手ばかりが持ち上げられがちですが、彼らの働きにも是非負けない位の拍手と声援を送ってやって下さいませ。

嗚呼、12球団の中継ぎ投手たちに栄光あれ!!

ranking
中継ぎ検証の第三回目になります。
初回は→コチラ

注記事項は以下の通り

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・その年に主に中継ぎとして起用された4投手が集計対象
・平均値は近3年のデータを使用
(球団の統合・新設のあったオリックス・楽天は近2年での集計)
・平均試合数・平均登板回数は少ない程順位が上
・順位が上位3球団の場合には、下位3球団の場合にはで表示
・旧年俸とはその年の中継ぎ投手の年俸平均値、新年俸とは契約更改後の年俸平均値
・年俸計算は2007年契約更改は対象に入っていない。
・シーズン後海外移籍した場合には年俸の推移は現状維持として換算
・一回毎報酬とは一イニングあたりの報酬額
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


さてここからはいよいよ全体でも下位に入る球団となります。
中継ぎの報われなさに段々切なくなってくるのう・・・(´・ω・`)

           
                     *


第7位 福岡ソフトバンクホークス

<メンバー>
2004年 山田・佐藤・倉野・松
2005年 神内・吉武・フェリシアーノ・佐藤
2006年 吉武・藤岡・篠原・三瀬


<成績>
平均登板試合数   44.6試合
平均投球回数      51.0回
平均防御率         3.38
平均旧年俸      3112万円
平均新年俸      4125万円
年俸上昇率       132.5%
一回毎報酬        63万円

<評価>
斉藤、和田、新垣など、華のある先発完投型の投手の裏で中継ぎの存在があまり目立たない球団だ。連続して活躍したと言えるのは吉武位で、しかもその吉武もFAの補償選手として流出とあっては、中継ぎに対する評価がイマイチと言われても仕方が無いところだろう。3年連続でプレーオフ敗退の原因は、他チームに比べて絶対的なセットアッパーが不在だったことではないだろうか?意外にも年俸面でもあまり厚遇されているとは言いがたい。てっきりお金があると思って入ったら、こき使われるだけで給料は安い財務省の官僚気分といったところだろうか。

<お赤いの的表彰選手>
吉武 真太郎 投手

弱小ダイエー時代からの数少ない生え抜き。若かりし頃は先発ローテの一角に入るも勝ち星は伸びず。チームが強くなるにつれ、徐々に働き場所を追われたが、新たに習得したカットボールを武器に、中継ぎとして復活。ここ2年は60試合登板とそのタフネスぶりをいかんなく発揮している・・・と思いきや、FA小久保の補償選手として巨人入りかよ!( ゚Д゚) まぁこの球団はプロテクトを選ぶのも一苦労だけに仕方ないといえばそうなのだが。。しかし、あまた居る候補者の中から選ばれ、故郷九州を離れて関東に行くはめになったのはやはり苺〇るくの怨念という奴だろうか。何にせよ、原監督の下でもバリバリ起用されることが予想されるので、「西村や林ら若手の肘肩を守ってくれ!」と一部巨人ファンから熱烈な期待を注がれること請け合いな、タフガイ右腕に敬礼!('◇';ゞ


                     *


第8位 東北楽天ゴールデンイーグルス

<メンバー>
2005年 吉田・小山・渡辺・玉木
2006年 小倉・吉田・青山・河本


<成績>
平均登板試合数   37.5試合 王冠2
平均投球回数      40.6回 王冠2
平均防御率         3.75
平均旧年俸      2518万円
平均新年俸      2825万円
年俸上昇率       112.2%
一回毎報酬        62万円

<評価>
サンプルが二年だけなので、若干割引気味に考えたいが、登板試合数、投球回数ともダントツの1位。先発・抑えとも不足で、中継ぎに人を回している場合ではない、という苦しさが良く出ている数字だ。まあ中継ぎの細切れ継投は野村監督の得意とするところなので、来季以降は起用が増えることが予想されるのだが。小倉、吉田、河本といったリストラ組が主軸を担っており、シルバー人材事業にすら手を伸ばす人材難の新興企業といった趣きか。

<お赤いの的表彰選手>
小倉 恒 投手

ヤクルト時代は強力投手陣の前に出番を得られず、オリックスへ移籍。サイドからの140糎緘召梁球を武器に、先発、中継ぎ、抑えにと大車輪の活躍で、落ち目となるチームの中で奮戦。チーム統合のあおりで楽天に移籍後は球速の衰えもありパッとせず、ついに05年オフには戦力外通告で退団・・・かと思いきや、新監督野村氏の意向により、トライアウト後に復帰と何じゃそりゃのドタバタ劇。しかし、今季は中継ぎに抑えに58試合登板し、防御率も2.18と、台所事情が苦しい楽天投手陣を支える働きぶりを見せた。新聞の見出しには野村再生工場との肩書きがきっちり記されるだけに、ノムさんも至極ご満悦であろう。仙台の夜空に輝くリストラの星に敬礼!('◇';ゞ


                     *


第9位 横浜ベイスターズ

<メンバー>
2004年 加藤・木塚・川村・吉川
2005年 加藤・木塚・川村・吉川
2006年 加藤・木塚・川村・秦


<成績>
平均登板試合数   48.0試合
平均投球回数      66.8回 あせあせ
平均防御率         3.54
平均旧年俸      4600万円
平均新年俸      5018万円
年俸上昇率       109.1%
一回毎報酬        69万円

<評価>
クワトロKの三人が3年連続して50試合近く登板というまさに驚異的な活躍を見せている割には年俸の伸びがイマイチ。この三人だけならば通算防御率3.17なだけにもう少し評価されてもよさそうなものだが・・・また特に先発兼任もあった加藤のイニング数が101→90→76と非常に多いのが減点材料だ。今季は大荒れ模様となっている年俸更改の中、その去就が注目される。懸命に頑張っても、業績不振を理由にボーナスをカットされる中小企業の悲哀が感じられるかのようだ。

<お赤いの的表彰選手>
加藤 武治 投手

サイドハンドから繰り出す145祖兇梁球とスライダー、シンカーを実にピンポイントに決めてくる好投手。3.4イニングのロングリリーフもこなせ、監督にとってはこれ以上ありがたい存在はないだろう。・・・そのおかげで使われまくりますが。。(・ω・;) おまけに来季は先発転向ですってよ、奥さん!つーか、この加藤にしても川村にしても、後ろでこそじゃない?まだ木塚の方がよくないか?って思うけど、やっかいなクワトロKをわざわざ解体してくれるので、黙っておこう。w 栗原(広)、高橋(ヤク)らとともに、プロ野球では数少ない山形出身のみちのくサイドハンドに敬礼!('◇';ゞ



                     *


第10位 阪神タイガース

<メンバー>
2004年 安藤・久保田・桟原・金沢
2005年 藤川・ウィリアムス・橋本・江草
2006年 藤川・ウィリアムス・ダーウィン・能見


<成績>
平均登板試合数   50.5試合 あせあせ
平均投球回数      64.7回
平均防御率         2.80 王冠2
平均旧年俸      4654万円
平均新年俸      5037万円
年俸上昇率       108.2%
一回毎報酬        72万円

<評価>
藤川・ウィリアムスという強力2枚看板を掲げ、防御率はダントツの2.80を記録!この二人だけなら2年間で1.42というにわかには信じがたい数字だ。今季は大幅アップが考えられるので、年俸面ではぐっと事情は好転するだろうが、問題なのはその起用方法。いくら優勝がかかっているとはいえ、藤川の登板試合数・投球回数は異常だ。今季は途中離脱があったにも関わらず、63試合79イニングと普通でも酷使と言われるレベルの起用をされている。首脳陣には一考を願いたい。人気もあるし、給料もいいが、仕事は徹夜続きで過労死寸前の広告代理店社員の苦しみが味わいたければここに入団だ。

<お赤いの的表彰選手>
藤川 球児 投手

この人以外には取り上げられんでしょう。経歴などはもうすっかり有名なので省略。つか、なんじゃね、あの酷使っぷりは!シンジラレナ〜イ!まるで浮き上がるかのようなスピンの効いた伸びのあるストレートはプロ野球史上でも間違いなくNO1!プロ野球観戦歴20年以上の私が断言するが、あれは江川よりも津田よりも伊良部よりも上!そんな歴史に残る投手を何て使い方すんだっ!ヽ(`Д´#)ノ と他球団ファンながら怒り心頭。本人も自分は投手生命は長くないことを自覚しているらしく、ボクの投球を今のうちに記憶に焼き付けて欲しい的発言をしているのには涙をそそられますな。分かったよ、いつでもオ〇ニー再生可能なように目に焼き付けておくから!空前絶後の魔球ストレートを駆使する天才投手に敬礼!('◇';ゞ


                     *


やっと10球団終わった〜。
応援のコメントを下さった皆さん、本当にありがとうございます。m(__)m
おかげさまで、日曜日なのに引きこもって更新しちゃいましたw

さて次回はいよいよあの球団が登場です・・・
ファンの皆さんにはお待たせしてすいませんね。
むしろ見ない方が良かったのでは、という程の衝撃的な
結果ですが。。(・ω・;)


↓ 押して貰えると、更新意欲高まります。
ranking
中継ぎ幸福度ランキングの第二回です。
初回は→コチラ

注記事項は以下の通り
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・その年に主に中継ぎとして起用された4投手が集計対象
・平均値は近3年のデータを使用
(球団の統合・新設のあったオリックス・楽天は近2年での集計)
・平均試合数・平均登板回数は少ない程順位が上
・順位が上位3球団の場合には、下位3球団の場合にはで表示
・旧年俸とはその年の中継ぎ投手の年俸平均値、新年俸とは契約更改後の年俸平均値
・年俸計算は2007年契約更改は対象に入っていない。
・シーズン後海外移籍した場合には年俸の推移は現状維持として換算
・一回毎報酬とは一イニングあたりの報酬額
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


さて、上位2球団は既に紹介したので、おおよそ中の上位に位置する球団を挙げていきたいかなと。一応順位は付けていますが、さほど大差はなく、どの球団も一長一短という感じです。


                     *


第3位 読売ジャイアンツ


<メンバー>
2004年 岡島・前田・シコースキー・佐藤
2005年 久保・林・岡島・前田
2006年 久保・林・野間口・真田

<成績>
平均登板試合数   47.3試合
平均投球回数      55.3回
平均防御率         3.43
平均旧年俸      5547万円
平均新年俸      7200万円 王冠2
年俸上昇率       129.8%
一回毎報酬        98万円

<評価>
さすがに年俸面ではいずれもトップクラスを誇り、球界の盟主たる面目躍如といったところか。ただ、ここ2年で久保・林の二人がいずれも60試合近く登板で、酷使の傾向が見られることと、球界最高年俸の割には中継ぎの部分に払うパーセンテージが少ないのが気になるところだ。ここ10年ほどでFA・自由枠などを駆使して選手をかき集めた感のある巨人だが、その中で純粋なセットアッパーは数えるほどしかおらず、中継ぎを重視しない戦略スタイルには問題があると言わざるを得ない。この球団の中継ぎ投手は、一流企業に入って同業他社よりは給料はいいものの、社内の他部門に給与面で差をつけれれるエリートサラリーマンの憂鬱を味わうことになるのかも。

<お赤いの的表彰選手>
林 昌範 投手

堀内の魔手を逃れたと思いきや、今度は原監督の下で酷使されるはめに。187cmの長身から繰り出す140糎緘召猟承紊楼厠枠慣欧如△つての川口和久を彷彿とさせる大型左腕だが、何故か巨人では便利使い。本人も希望しているし、この人はどうみても先発向きだと思うけどなぁ。やはりドラフト7位で入ったのがまずかったのか?どうも巨人には外様以外は先発は自由枠・ドラ1だけ、といった不文律がありそうで怖い。今オフは遂に左肘が悲鳴を挙げ、手術も噂される中、背番号が30→13へ変更。来年も岩瀬のようにバリバリ使ってやるからな!という原監督の痛すぎるジャイアンツ愛を前に、もはや林の投手生命は風前の灯火か?(´・ω・`) 上司運に恵まれぬ悲運のサウスポーに敬礼!('◇';ゞ


                     *


第4位 北海道日本ハムファイターズ

<メンバー>
2004年 芝草・建山・井場・清水
2005年 建山・トーマス・吉崎・武田
2006年 武田・岡島・建山・トーマス


<成績>
平均登板試合数   44.5試合
平均投球回数      49.2回
平均防御率         3.72
平均旧年俸      4300万円
平均新年俸      4387万円
年俸上昇率       102.0% あせあせ
一回毎報酬        87万円

<評価>
とにかく今季は75試合81回を投げぬいた武田久が気になるが、優勝争いの中、持てるキャパを全て活かし切った投球を出来たのだから、本人としては大満足だろう。球団側も大幅増(1800→7000万円)をもって、中継ぎ投手としては最大限の評価を下したにも好感が持てる。計算上年俸アップ率は最下位になったが、今年の分を加えれば一挙に上位になるだろう。ここ数年さほどの無理使いも見られず、中継ぎにとっては働き易い職場といえるが、ここに来て建山が先発転向、岡島・トーマスが退団と中継ぎ陣総崩れの相を呈してきている。好条件!至急中継ぎ募集!の売り手市場といえそうだ。


<お赤いの的表彰選手>
建山 義紀 投手

武田久がブレイクして、やや影が薄かった今季だが、長年ファイターズ中継ぎを支えてきたのはこの人。ストレートの球速は落ちたものの、鋭く落ちるシンカーと抜群の制球で相手打者に的を絞らせない。長年やっている割に何故か知名度が低く、「建山?ああ、カレーの人?_」と勘違いされることもあるとかないとか。来季は先発転向表明でひと悶着を巻き起こしそうやね。潮崎・高津の系譜を引く、シンカー使いのサイドハンダーに敬礼!('◇';ゞ


                     *


第5位 中日ドラゴンズ


<メンバー>
2004年 岡本・平井・落合・久本
2005年 岡本・平井・鈴木・高橋
2006年 平井・岡本・鈴木・久本


<成績>
平均登板試合数   48.9試合
平均投球回数      56.3回
平均防御率         3.05
平均旧年俸      4616万円
平均新年俸      5762万円
年俸上昇率       124.8%
一回毎報酬        82万円

<評価>
ライバル阪神と凌ぎを削り、防御率は堂々の2位。登板試合数が多いのは気になるが、投球回数を抑えているのはいい傾向だ。平井・岡本・鈴木、更に中里・吉見と150疏宛紊竜紊鯏蠅欧訶蠎蠅鯤え、左にも久本、石井裕、小林、高橋聡、小笠原と多士済々。これだけ層が厚ければ使う監督は楽だが、選手にとっては一軍枠を勝ち取るのも精一杯。世代交代も激しく、今オフにかつての中継ぎの主軸、落合と遠藤がひっそりと退団した。環境はいいが、仕事ができなければ、あっという間にクビに遭いかねない、そんなシビアな外資系企業が向いている人にどうぞ。


<お赤いの的表彰選手>
鈴木 義弘 投手

188cmの長身にも関わらず、器用に体を折りたたみ、くねくねした軟体動物のような変なフォームから繰り出されるのは、何故か150繕瓩に楹陛なストレートと滑り落ちるスライダー。そんなもん打てるかっボケッ!という他球団打者の怨嗟の声が聞こえてきそうだ。あやうくデニー二世という不吉な名前を襲名しかけた変態サイドハンドに敬礼!('◇';ゞ


                     *


第6位 東京ヤクルトスワローズ

<メンバー>
2004年 坂元・河端・杉本・石井弘
2005年 五十嵐・吉川・河端・花田
2006年 館山・松井・木田・花田


<成績>
平均登板試合数   45.9試合
平均投球回数      55.6回
平均防御率         3.69
平均旧年俸      3902万円
平均新年俸      4750万円
年俸上昇率       121.7%
一回毎報酬        72万円

<評価>
ヤクルト中継ぎの看板だったロケットボーイズの五十嵐・石井弘がいずれも故障と苦しい中でも例年に変わらぬ数字を挙げた踏ん張りが目立つ。下で取り上げた河端にしても吉川にしても、今年入った松井にしても、どう見てもプロの投手には見えないスペックの選手を上手く使いまわすことにかけては、このチームの右に出るところはないだろう。とにかく投手陣が足りないため、先発に抑えに引っ張りだこになってしまうのもいたし方ないところ。勧誘のうたい文句は「コントロールさえあれば、多少その他に自信がなくても先輩のお兄さん捕手が優しくリードするので安心です。」って感じでしょう。


<お赤いの的表彰選手>
河端 龍 投手

150舛出せるでもない、飛びぬけた変化球があるでもない、上背は並以下(174cm)、しかし、己を信じ、ひたすらに低目への意識を忘れず淡々と投げ続ける。2年目の右肘靭帯の断裂という大怪我から復活し、セットアッパーとして花開くも、今季は右肩の故障で一年を棒に振ることに。嗚呼、河端龍よ。再び神宮に帰ってくる日を祈っているぞ。ひっそり野に咲くいぶし銀の男に敬礼!('◇';ゞ


                     *


以上で第二回終了ですっ。しかもようやく折り返しか〜。
12球団企画ってしんどいな。。二度とやるまい。

ご意見ご感想などお待ちしております。

ranking
さて、前回は中継ぎ投手の重要性が高まっているにも関わらず、なかなか正当な評価を受けていないことについて書いてみました。んでもって今回は、一体どの球団が中継ぎの働きを正しく評価しているのか、データから探ってみてランキングを作ってみようと思います。

・酷使されること無く、適切に起用されているか
・働きに対して、妥当な報酬を受け取っているか
という二点を重視しての検証となります。

純粋に中継ぎ投手を対象としたいので、先発やストッパーとしての起用が多かった(4割以上)投手は集計の対象外としています。その他の注記事項は以下の通りです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・その年に主に中継ぎとして起用された4投手が集計対象
・平均値は近3年のデータを使用
(球団の統合・新設のあったオリックス・楽天は近2年での集計)
・平均試合数・平均登板回数は少ない程順位が上
・順位が上位3球団の場合には、下位3球団の場合にはで表示
・旧年俸とはその年の中継ぎ投手の年俸平均値、新年俸とは契約更改後の年俸平均値
・年俸計算は2007年契約更改は対象に入っていない。
・シーズン後海外移籍した場合には年俸の推移は現状維持として換算
・一回毎報酬とは一イニングあたりの報酬額
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

まー、なんだか小難しいようだけど、要するに12球団中継ぎ投手の幸福度ランキングと考えて貰えば話は早いかと。中継ぎタイプの我が子を一体どの球団に入れたらいいか、迷っているお母様方は必見。あと各球団の中継ぎから、個人的に表彰したい選手を一名ずつ挙げておきます。

では早速、幸福度の高い球団からどうぞ!!

                     *









第1位 千葉ロッテマリーンズ

<メンバー>
2004年 薮田・藤田・山崎・川井
2005年 薮田・藤田・山崎・小宮山
2006年 薮田・藤田・バーン・小宮山

<成績>
平均登板試合数   44.0試合
平均投球回数      48.3回
平均防御率         3.72
平均旧年俸      6075万円 王冠2
平均新年俸      6512万円
年俸上昇率       107.2%
一回毎報酬       127万円 王冠2

<評価>
実に中継ぎに対しての評価が高い球団。平均防御率は意外にもワースト3に入ってしまうが、長年中継ぎを支えてきた薮田・藤田に対しての評価がそのまま現れたような感じだ。年俸上昇率が低いが、元々の報酬が高いだけに気にする必要もないだろう。一イニング当りの報酬は12球団ダントツの127万円!起用にも過度の酷使は見られず、まさに中継ぎ投手にとっては夢の球団だ!∩( ・ω・)∩

<お赤いの的表彰選手>
薮田 安彦 投手

先発でいまいち芽が出ずに中継ぎ転向だったが、大正解!
ここ3年で、
66試合 77回 2.79
51試合 55回 3.07
47試合 55回 2.62
という充実の安定感で1億円プレーヤーの地位を確立することに。
YFKの精神的支柱に敬礼!('◇';ゞ


                     *


第2位 西武ライオンズ

<メンバー>
2004年 森・長田・星野・小野寺
2005年 森・星野・小野寺・三井
2006年 三井・山岸・石井・星野

<成績>
平均登板試合数   41.1試合
平均投球回数      42.1回
平均防御率         3.49
平均旧年俸      4891万円
平均新年俸      5575万円
年俸上昇率       114.0%
一回毎報酬       116万円

<評価>
ロッテには若干及ばなかったものの、4部門でベスト3入りするなど、どれも高水準を保っている。ただ一番の高給取りだった森が2006シーズンに離脱しているため、今季の年俸更改を入れてしまうとランキングは落ちてしまうかも。まあそれを差し引いても十分トップクラスに入るので、待遇面全般で12球団有数の優良企業なのは間違いなし!∩( ・ω・)∩

<お赤いの的表彰選手>
星野 智樹 投手

目立たないが、3年連続で50試合登板は凄い!の一言。やや制球には難があるものの、逆にそれが打ちにくさを増しているという話も。サイド転向で、左打者封じに生きる途を見つけた癖球サウスポーに敬礼!('◇';ゞ


                     *


こんな感じであと2回程進めていこかなと。
選手名鑑漁りながら作ってるんだけど、かなーりしんどいのう(・ω・;)

あと所詮はカープファンなので、他球団の選手起用については知らない部分が多いです。この年はこの投手の方が中継ぎ起用が多かったよ、といった情報などありましたら、お気軽にコメント下さい。その他感想などもお待ちしております。

ranking
さて、ここ10年ほどのプロ野球の戦術面での推移を
見ていて、最も顕著に変わったことは何だろう?

私はその答えに、

リリーフ投手の重要性の向上、を挙げたい。

日本野球は伝統的に、投手は先発完投を尊しとしてきた。
別所、金田、稲尾、杉浦、米田、小山、村山・・・
球史に残る大投手は皆、先発完投のエースばかりだ。

60年代には、「八時半の男」こと宮田征典が現れて抑え投手に
やや注目が集まったが、現在のような本格的なリリーフの登場
は70年代後半に当時の南海監督、野村克也が不遇をかこっていた
江夏豊をリリーフに据えるまで、待たねばなからなかった。


enatu






往年の江夏豊(中国新聞より)



それから20数年、江夏に続き、牛島、津田、鹿取、大野、与田、赤堀、
佐々木といったリリーフエースが次々と現れ、いまやリリーフ
エースたるストッパーの称号はエースとも並ぶ名誉ある地位となり、
投手陣の中で年俸トップの座を占めることも決して珍しくはなく
なった。ここ数年優勝チームには必ずといっていいほど、30セーブ
レベルのストッパーが存在していることを考えても、その重要性
は明らかだ。

一方で、リリーフの中でも、中継ぎ投手はつい最近まで殆ど注目
を浴びることもなく、総じて地味な存在に甘んじてきた。
盛田・五十嵐(横浜)、岩瀬(中日)、石井弘・五十嵐(ヤクルト)
などといった投手達が多少は注目は集めたものの、いずれもチームの
主役というまでには至らなかった。

                    *

この状況の中、2005年になって颯爽と表舞台に現れたのが
藤川 球児(阪神)だ。
この年、藤川は日本新となる80試合のほとんどに中継ぎとして
登板し、92回を投げて防御率1.36、奪三振139という空前絶後の
大活躍を見せ、JFKと称されたリリーフユニットの一員として、
阪神優勝の大きな原動力となった。

またその年、プレーオフを勝ち上がり、日本シリーズで阪神と
戦った千葉ロッテにも、JFKに対抗してYFKと名付けられた強力
リリーフユニットを持っていたことは記憶に新しいと思う。

彼らの活躍により、中継ぎ投手は一挙に注目を浴びることと
なり、今季も日本一、アジア一にもなった日本ハムの原動力と
して、武田久、岡島、建山、MICHEALといった強力リリーフ陣
を真っ先に挙げる論調も少なくなかった。


hujikawa





快速球!藤川球児
サンスポより)



さてこうして一躍脚光を浴びるようになった中継ぎ投手だが、
それに見合った評価をなされているかは甚だしく疑問だ。
数値として出にくい中継ぎの働きを評価しようと、メジャーの
基準を元に96年からパリーグにて採用されたホールド制も根付
いているとはいい難く、野球ファンであっても、ホールドと
言われてもいまいちピンとこない人の方が多いのではないだろうか。

また各球団の査定も伝統的に中継ぎ投手には厳しく、契約更改の
際に、中継ぎ投手の待遇改善を求めて保留する選手も毎年数多く
存在する。

あまつさえ、監督や投手コーチにすら、
「中継ぎは先発に失格した投手がなるもんだ。」
といった前時代的認識がはびこっているのに至っては正直開いた
口が塞がらない思いがする。

ピーコとかサンタ、お前らのことだ!ヽ(`Д´#)ノ


                    *


ただでさえ中継ぎは過酷な役割だ。基本的に勝ち試合さえ登板する
ストッパーと異なり、中継ぎは試合展開によって登板せねばならず、
肩だけ作っても登板機会がないこともざらで、または肩を作る暇すら
なくマウンドに立たねばならない場合もある。

ストッパーに比べると登板機会、登板回数ともに必然的に多くなり、
積み重なる疲労のため、フォームを崩したり、最悪故障発生する
ケースも珍しくはない。岩瀬という超例外を除けば、数年間連続して
安定した成績を残した中継ぎがほとんどいないことからも、その
過酷さがうかがえるだろう。









まさに鉄腕!岩瀬仁紀
スポーツナビより)



これ程負荷のかかる仕事にも関わらず、正当な評価を受けることが
極めて少ない中継ぎ投手たちに対し、私は正直同情の念を禁じえない。
あからさまな監督のエゴのために、数多くの中継ぎ投手が明らかに
過当とも思われる登板を強いられ、せっかくの資質をすりつぶされて
しまうのには前々から腹が立っていたが、ファンの中にすら、

「あんな奴使えねえ!」とか
「あ〜あ、またアイツかよ。
出てこなけりゃいいのに。┐(´∀`)┌ヤレヤレ」

などといった罵倒を平然と口に出す輩を見るに至ってはもはや
何をかいわんや、だ。

私はこれらの中継ぎ投手への不当な処遇に対して、強く異議を
唱えたい。また特に報われることが少ないままに引退した広島の
中継ぎ投手たちに対して以下のように声明を発表したい。
















つーかよう!


なんでカンエイと澤崎を登板もなく

引退させんだよっ!!(ノ`Д´)ノ彡┻━┻




なんで玉木をいとも簡単に

手放したんだよぅ!!ヽ(`Д´#)ノ
j



さんざん便利使いした挙句、

最後にはこれかよ!糞〇ーコ!




天野っ!天野っ!

早く戻って来いっ!!・゚・(つД`)・゚・

















えー、以上、まだ癒えぬ心の叫びでした。
私情入りまくりで、大変見苦しくてスミマセン。。m(__)m


次回から2回位に渡って、これら不遇の中継ぎ投手たちの評価
について書いていこうかなと思っております。
ご意見、ご感想などありましたら、どうぞお気軽にコメント
してやってください。昔の話については、適当に書いている
ので、細かい突っ込みはご容赦を。









今日のカプ言:「肘肩壊すに刃物はいらぬ。雨の三日も降らねばよい。」


変なプレビュー出ても恐れずクリック!
ranking
1 / 1

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR