<< 寒風吹き飛ばすチームバッティングの妙! * main * ほっと一息も・・・ >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

災厄の日3・18
comments(0) | trackbacks(0)  
気が重い・・・

今日ほどブログを更新していて、気が乗らない日は始めてです。

どんなつらい事態が起ころうとも、その中で何とか明るい材料を見つけて、極力悲観的なだけの記事は書くまいと思いましたが、あまりに悪いニュースが多すぎて、とてもそれは不可能です・・・更新するといった建前上、書いてはみますが、もうね、何というか、エネルギーが出ないっていうか・・・どうか簡潔にまとめることをお許し下さい。。

嗚呼、何ということだ・・・

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
広島 0 0 0 0 0 3 0 0 0 3
横浜 0 0 0 1 4 2 1 0 × 8

勝:寺原 負:大竹 S: −
広島 大竹−佐竹−広池−永川−梅津 : 中東
横浜 寺原−木塚−吉原 : 鶴岡

◇大竹は、今年もやっぱり大竹だ・・・

シュートを憶えて打たせて取る投球スタイルへの転換を目指す!と言っていた大竹。もちろん期待しちゃいますよ。今までどんなに騙され続けようとも。でもね、こんな投球を見せられたら、「やっぱ今年もか」って思っちゃうよ・・・

とにかく制球が甘い。ファーストストライクを取るのに一苦労。やってはいけない先頭打者への四球もあり。4回はヒット、ツーベース、死球と僅か3球で無死満塁のピンチを作るという恐ろしいこともやってのける。それでも途中までは審判の判定と、実戦を想定して横浜がDHを使ってこなかったことに救われていたが、5回に3連続タイムリーを浴び、撃沈。

制球難→ストライクを安易に取りに行く→痛打される
のいつものパターン。

「まっすぐを軸にどれだけ抑えられるのか試した。今日はとにかくコースが甘かった。5回は投げ切りたかった。(大竹談)」

ホントに信じていいのだろうか?
もう分からない・・・(´・ω・`)

*

◇中東の捕手起用は・・・

捕手争いに終止符を打つか?と非常に期待を集めている捕手中東。TVやネットで見ただけでは分からない部分があったので、一試合じっくり見て、その実力を観察してきました。

まず5回無死2塁の場面で、石井が大竹の前に送りバント。中東はグラブで三塁送球を指示したが、結果フィルダースチョイスとなり、ピンチを広げることに。分からなかったのが、その後新井さんが大竹に「何で一塁投げないんだ!」とお怒りになる中、中東も「一塁投げろよ!」とジェスチャーしていたこと。「んん?君今三塁指示してなかったか?」とちょっと疑問符。県工コンビによる新種の大竹いじめか?例え声で一塁送球を指示していたとしても、グラブで三塁を示したらイカンのでは?

また課題のキャッチング面では試合中は後逸はなかったのものの、投球練習中に永川のワンバウンドフォークと梅津のスライダーっぽい球を完全に後ろに逸らしてしまった場面が。これを見せられると投手としては安心して投げられないと思いました。

リード面では、この日投げた投手の出来が悪かったという面もありましたが、困ったらとりあえず外角低目を要求して、そこを痛打される場面も目立ちました。

たしかにフットワークは機敏で、また送球も非常にいい位置に投げているので、その点は合格点が付けれるかもしれないですが、上記に挙げたキャッチャーとしての経験・状況判断、またキャッチング・ブロックといった技術面でどうしてもプロレベルでは見劣りしてしまうというのは否めないところです。打撃面ではこの日一番鋭い当りを見せたように、特筆すべきものがあるので、特に攻撃重視したい日や、試合の序盤〜中盤までの起用に留めておいた方が良いのかも。

*

◇そしてそれは起こってしまった・・・

この日も相変わらず、遅打傾向の前田様。とにかく球をじっくり見て、積極的には手を出さない。また守備面でも取れそうな当りに突っ込まず、どうも精彩を欠く様子。6回表、梵ヒットの後、東出がピーゴロで、寺原が焦って二塁に悪送球し、ゲッツーを取れず終い。こういう相手のミスに付け込むのが今年のカープ。前田はここでもひたすら待ちに徹し、見事四球を選び、次の新井へと繋げる。1死1・2塁。前日の西武戦でも見せたまさに黄金パターンだ。まるでリプレイを見るかのように、新井はライト後方に長打を放つ。「よしっ!これで2点入った!」と思った瞬間、目に入ったのは、2・3塁間で片足でケンケンをしながら必死に三塁へと向かう前田の姿だった!

うっっぎゃぁsぁぁぁくぁwせdrftgyふじこlp;!!!

orz




せつないよ、せつなすぎるよ・・・せっかく前田が、己の打撃を半ば捨ててまで、3番の役目に徹しようとしていたのに・・・見た感じ、アキレス腱などではなく、ももかふくらはぎ辺りの故障だと思うのですが・・・

そんな中、外野席からいつもの宮島さんと万歳三唱が流れてくる・・前田が肩を借りつつ、苦悶の表情で、ベンチへ下がりつつあるというのに・・・あり得ないよ・・・オマイラ、空気嫁よ・・・



頼むから、頼むから、野球の神様。

一生懸命、不器用にも、マーティーの信頼に応えようとしている前田から、そのチャンスを奪わんといてください。

プレイオフ進出を心待ちにしているカープファンから、誰よりも頼りになる打者を奪わんといてください。

どうか、どうかよろしくお願いします。。m(__)m

*


前田故障だけでも激ウツなのに、この日はおまけにこんな記事やらあんな記事が・・・

もう駄目だ・・・今日はさっさと寝ます・・・
コメントも要りません・・・
スポンサーサイト
- | -  
Comments









Trackback URL
http://all-in.jugem.jp/trackback/106
Trackback

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR