<< 12球団中継ぎ課、徹底検証!〜その1 * main * 12球団中継ぎ課、徹底検証!〜その3 >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

中継ぎ幸福度ランキングの第二回です。
初回は→コチラ

注記事項は以下の通り
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・その年に主に中継ぎとして起用された4投手が集計対象
・平均値は近3年のデータを使用
(球団の統合・新設のあったオリックス・楽天は近2年での集計)
・平均試合数・平均登板回数は少ない程順位が上
・順位が上位3球団の場合には、下位3球団の場合にはで表示
・旧年俸とはその年の中継ぎ投手の年俸平均値、新年俸とは契約更改後の年俸平均値
・年俸計算は2007年契約更改は対象に入っていない。
・シーズン後海外移籍した場合には年俸の推移は現状維持として換算
・一回毎報酬とは一イニングあたりの報酬額
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


さて、上位2球団は既に紹介したので、おおよそ中の上位に位置する球団を挙げていきたいかなと。一応順位は付けていますが、さほど大差はなく、どの球団も一長一短という感じです。


                     *


第3位 読売ジャイアンツ


<メンバー>
2004年 岡島・前田・シコースキー・佐藤
2005年 久保・林・岡島・前田
2006年 久保・林・野間口・真田

<成績>
平均登板試合数   47.3試合
平均投球回数      55.3回
平均防御率         3.43
平均旧年俸      5547万円
平均新年俸      7200万円 王冠2
年俸上昇率       129.8%
一回毎報酬        98万円

<評価>
さすがに年俸面ではいずれもトップクラスを誇り、球界の盟主たる面目躍如といったところか。ただ、ここ2年で久保・林の二人がいずれも60試合近く登板で、酷使の傾向が見られることと、球界最高年俸の割には中継ぎの部分に払うパーセンテージが少ないのが気になるところだ。ここ10年ほどでFA・自由枠などを駆使して選手をかき集めた感のある巨人だが、その中で純粋なセットアッパーは数えるほどしかおらず、中継ぎを重視しない戦略スタイルには問題があると言わざるを得ない。この球団の中継ぎ投手は、一流企業に入って同業他社よりは給料はいいものの、社内の他部門に給与面で差をつけれれるエリートサラリーマンの憂鬱を味わうことになるのかも。

<お赤いの的表彰選手>
林 昌範 投手

堀内の魔手を逃れたと思いきや、今度は原監督の下で酷使されるはめに。187cmの長身から繰り出す140糎緘召猟承紊楼厠枠慣欧如△つての川口和久を彷彿とさせる大型左腕だが、何故か巨人では便利使い。本人も希望しているし、この人はどうみても先発向きだと思うけどなぁ。やはりドラフト7位で入ったのがまずかったのか?どうも巨人には外様以外は先発は自由枠・ドラ1だけ、といった不文律がありそうで怖い。今オフは遂に左肘が悲鳴を挙げ、手術も噂される中、背番号が30→13へ変更。来年も岩瀬のようにバリバリ使ってやるからな!という原監督の痛すぎるジャイアンツ愛を前に、もはや林の投手生命は風前の灯火か?(´・ω・`) 上司運に恵まれぬ悲運のサウスポーに敬礼!('◇';ゞ


                     *


第4位 北海道日本ハムファイターズ

<メンバー>
2004年 芝草・建山・井場・清水
2005年 建山・トーマス・吉崎・武田
2006年 武田・岡島・建山・トーマス


<成績>
平均登板試合数   44.5試合
平均投球回数      49.2回
平均防御率         3.72
平均旧年俸      4300万円
平均新年俸      4387万円
年俸上昇率       102.0% あせあせ
一回毎報酬        87万円

<評価>
とにかく今季は75試合81回を投げぬいた武田久が気になるが、優勝争いの中、持てるキャパを全て活かし切った投球を出来たのだから、本人としては大満足だろう。球団側も大幅増(1800→7000万円)をもって、中継ぎ投手としては最大限の評価を下したにも好感が持てる。計算上年俸アップ率は最下位になったが、今年の分を加えれば一挙に上位になるだろう。ここ数年さほどの無理使いも見られず、中継ぎにとっては働き易い職場といえるが、ここに来て建山が先発転向、岡島・トーマスが退団と中継ぎ陣総崩れの相を呈してきている。好条件!至急中継ぎ募集!の売り手市場といえそうだ。


<お赤いの的表彰選手>
建山 義紀 投手

武田久がブレイクして、やや影が薄かった今季だが、長年ファイターズ中継ぎを支えてきたのはこの人。ストレートの球速は落ちたものの、鋭く落ちるシンカーと抜群の制球で相手打者に的を絞らせない。長年やっている割に何故か知名度が低く、「建山?ああ、カレーの人?_」と勘違いされることもあるとかないとか。来季は先発転向表明でひと悶着を巻き起こしそうやね。潮崎・高津の系譜を引く、シンカー使いのサイドハンダーに敬礼!('◇';ゞ


                     *


第5位 中日ドラゴンズ


<メンバー>
2004年 岡本・平井・落合・久本
2005年 岡本・平井・鈴木・高橋
2006年 平井・岡本・鈴木・久本


<成績>
平均登板試合数   48.9試合
平均投球回数      56.3回
平均防御率         3.05
平均旧年俸      4616万円
平均新年俸      5762万円
年俸上昇率       124.8%
一回毎報酬        82万円

<評価>
ライバル阪神と凌ぎを削り、防御率は堂々の2位。登板試合数が多いのは気になるが、投球回数を抑えているのはいい傾向だ。平井・岡本・鈴木、更に中里・吉見と150疏宛紊竜紊鯏蠅欧訶蠎蠅鯤え、左にも久本、石井裕、小林、高橋聡、小笠原と多士済々。これだけ層が厚ければ使う監督は楽だが、選手にとっては一軍枠を勝ち取るのも精一杯。世代交代も激しく、今オフにかつての中継ぎの主軸、落合と遠藤がひっそりと退団した。環境はいいが、仕事ができなければ、あっという間にクビに遭いかねない、そんなシビアな外資系企業が向いている人にどうぞ。


<お赤いの的表彰選手>
鈴木 義弘 投手

188cmの長身にも関わらず、器用に体を折りたたみ、くねくねした軟体動物のような変なフォームから繰り出されるのは、何故か150繕瓩に楹陛なストレートと滑り落ちるスライダー。そんなもん打てるかっボケッ!という他球団打者の怨嗟の声が聞こえてきそうだ。あやうくデニー二世という不吉な名前を襲名しかけた変態サイドハンドに敬礼!('◇';ゞ


                     *


第6位 東京ヤクルトスワローズ

<メンバー>
2004年 坂元・河端・杉本・石井弘
2005年 五十嵐・吉川・河端・花田
2006年 館山・松井・木田・花田


<成績>
平均登板試合数   45.9試合
平均投球回数      55.6回
平均防御率         3.69
平均旧年俸      3902万円
平均新年俸      4750万円
年俸上昇率       121.7%
一回毎報酬        72万円

<評価>
ヤクルト中継ぎの看板だったロケットボーイズの五十嵐・石井弘がいずれも故障と苦しい中でも例年に変わらぬ数字を挙げた踏ん張りが目立つ。下で取り上げた河端にしても吉川にしても、今年入った松井にしても、どう見てもプロの投手には見えないスペックの選手を上手く使いまわすことにかけては、このチームの右に出るところはないだろう。とにかく投手陣が足りないため、先発に抑えに引っ張りだこになってしまうのもいたし方ないところ。勧誘のうたい文句は「コントロールさえあれば、多少その他に自信がなくても先輩のお兄さん捕手が優しくリードするので安心です。」って感じでしょう。


<お赤いの的表彰選手>
河端 龍 投手

150舛出せるでもない、飛びぬけた変化球があるでもない、上背は並以下(174cm)、しかし、己を信じ、ひたすらに低目への意識を忘れず淡々と投げ続ける。2年目の右肘靭帯の断裂という大怪我から復活し、セットアッパーとして花開くも、今季は右肩の故障で一年を棒に振ることに。嗚呼、河端龍よ。再び神宮に帰ってくる日を祈っているぞ。ひっそり野に咲くいぶし銀の男に敬礼!('◇';ゞ


                     *


以上で第二回終了ですっ。しかもようやく折り返しか〜。
12球団企画ってしんどいな。。二度とやるまい。

ご意見ご感想などお待ちしております。

ranking
スポンサーサイト
- | -  
Comments
おぉ、凄い。一日で作り上げたJINさんに敬礼です。

まず、昨日のロッテが防御率10位で、一回毎報酬1位だったのに、中日が防御率2位で、一回毎報酬5位っていうのは、面白いなぁと思いました。

巨人の林昌範投手は、先発向きだと私も思いますね。
それでも、今年62試合、去年54試合も投げさされ、来年からも酷使され続け、挙句の果てに壊れて捨てられるんでしょうか・・。

それにしても、彼はドラフト7位なんですね。
ん〜先発をやらせてあげて欲しいです。

やっと半分なんですね。後半戦、頑張って下さい。
また見に来ますね〜





( ゚∀゚ノノ゛☆パチパチ★
すごい。
とても読み応えがあって楽しかったです。
次回も楽しみにしていますね。
 
中継ぎのよさが順位に直結していますよね。
なにか良い評価法があればいいのですが、、
だってどんなにがんばってもタイトルがないんじゃ、モチベーションあがんない…(I。)
コメントありがとうございます!

>むぅさん

防御率と報酬が意外に比例していないのが興味深いですよね。
その球団の中継ぎに対する考え方が分かるというか。

林の場合には條辺という格好の先例があっただけにまさか潰しは
しまい、と思っていたら・・・どっちもイケメンで華があっただけに、
ちゃんと使ってやればスター選手になれたのにねえとカープファン
ながらボヤく始末。自分が巨人ファンだったら多分発狂してたかも。。(・ω・;)

後半戦も頑張りますんで、よろしくです!

>たんたさん

はじめまして。
お褒めのお言葉ありがとうございます。

一応タイトルとして最優秀中継ぎ投手があるにはあるんですが、
やっぱり普通知りませんよね。w
中継ぎの活躍は勝ち星やセーブも挙げにくく、数字で表すのが
困難なだけに、ファンの間でも評価が分かれるがちです。

頑張った中継ぎにはそれ相応の評価が与えられるために、
気合入れて後半戦もやってゆきますんで応援よろしくです。









Trackback URL
http://all-in.jugem.jp/trackback/28
Trackback

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR