<< 12球団中継ぎ課、徹底検証!〜その2 * main * 12球団中継ぎ課、徹底検証!〜その4 >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

中継ぎ検証の第三回目になります。
初回は→コチラ

注記事項は以下の通り

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
・その年に主に中継ぎとして起用された4投手が集計対象
・平均値は近3年のデータを使用
(球団の統合・新設のあったオリックス・楽天は近2年での集計)
・平均試合数・平均登板回数は少ない程順位が上
・順位が上位3球団の場合には、下位3球団の場合にはで表示
・旧年俸とはその年の中継ぎ投手の年俸平均値、新年俸とは契約更改後の年俸平均値
・年俸計算は2007年契約更改は対象に入っていない。
・シーズン後海外移籍した場合には年俸の推移は現状維持として換算
・一回毎報酬とは一イニングあたりの報酬額
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


さてここからはいよいよ全体でも下位に入る球団となります。
中継ぎの報われなさに段々切なくなってくるのう・・・(´・ω・`)

           
                     *


第7位 福岡ソフトバンクホークス

<メンバー>
2004年 山田・佐藤・倉野・松
2005年 神内・吉武・フェリシアーノ・佐藤
2006年 吉武・藤岡・篠原・三瀬


<成績>
平均登板試合数   44.6試合
平均投球回数      51.0回
平均防御率         3.38
平均旧年俸      3112万円
平均新年俸      4125万円
年俸上昇率       132.5%
一回毎報酬        63万円

<評価>
斉藤、和田、新垣など、華のある先発完投型の投手の裏で中継ぎの存在があまり目立たない球団だ。連続して活躍したと言えるのは吉武位で、しかもその吉武もFAの補償選手として流出とあっては、中継ぎに対する評価がイマイチと言われても仕方が無いところだろう。3年連続でプレーオフ敗退の原因は、他チームに比べて絶対的なセットアッパーが不在だったことではないだろうか?意外にも年俸面でもあまり厚遇されているとは言いがたい。てっきりお金があると思って入ったら、こき使われるだけで給料は安い財務省の官僚気分といったところだろうか。

<お赤いの的表彰選手>
吉武 真太郎 投手

弱小ダイエー時代からの数少ない生え抜き。若かりし頃は先発ローテの一角に入るも勝ち星は伸びず。チームが強くなるにつれ、徐々に働き場所を追われたが、新たに習得したカットボールを武器に、中継ぎとして復活。ここ2年は60試合登板とそのタフネスぶりをいかんなく発揮している・・・と思いきや、FA小久保の補償選手として巨人入りかよ!( ゚Д゚) まぁこの球団はプロテクトを選ぶのも一苦労だけに仕方ないといえばそうなのだが。。しかし、あまた居る候補者の中から選ばれ、故郷九州を離れて関東に行くはめになったのはやはり苺〇るくの怨念という奴だろうか。何にせよ、原監督の下でもバリバリ起用されることが予想されるので、「西村や林ら若手の肘肩を守ってくれ!」と一部巨人ファンから熱烈な期待を注がれること請け合いな、タフガイ右腕に敬礼!('◇';ゞ


                     *


第8位 東北楽天ゴールデンイーグルス

<メンバー>
2005年 吉田・小山・渡辺・玉木
2006年 小倉・吉田・青山・河本


<成績>
平均登板試合数   37.5試合 王冠2
平均投球回数      40.6回 王冠2
平均防御率         3.75
平均旧年俸      2518万円
平均新年俸      2825万円
年俸上昇率       112.2%
一回毎報酬        62万円

<評価>
サンプルが二年だけなので、若干割引気味に考えたいが、登板試合数、投球回数ともダントツの1位。先発・抑えとも不足で、中継ぎに人を回している場合ではない、という苦しさが良く出ている数字だ。まあ中継ぎの細切れ継投は野村監督の得意とするところなので、来季以降は起用が増えることが予想されるのだが。小倉、吉田、河本といったリストラ組が主軸を担っており、シルバー人材事業にすら手を伸ばす人材難の新興企業といった趣きか。

<お赤いの的表彰選手>
小倉 恒 投手

ヤクルト時代は強力投手陣の前に出番を得られず、オリックスへ移籍。サイドからの140糎緘召梁球を武器に、先発、中継ぎ、抑えにと大車輪の活躍で、落ち目となるチームの中で奮戦。チーム統合のあおりで楽天に移籍後は球速の衰えもありパッとせず、ついに05年オフには戦力外通告で退団・・・かと思いきや、新監督野村氏の意向により、トライアウト後に復帰と何じゃそりゃのドタバタ劇。しかし、今季は中継ぎに抑えに58試合登板し、防御率も2.18と、台所事情が苦しい楽天投手陣を支える働きぶりを見せた。新聞の見出しには野村再生工場との肩書きがきっちり記されるだけに、ノムさんも至極ご満悦であろう。仙台の夜空に輝くリストラの星に敬礼!('◇';ゞ


                     *


第9位 横浜ベイスターズ

<メンバー>
2004年 加藤・木塚・川村・吉川
2005年 加藤・木塚・川村・吉川
2006年 加藤・木塚・川村・秦


<成績>
平均登板試合数   48.0試合
平均投球回数      66.8回 あせあせ
平均防御率         3.54
平均旧年俸      4600万円
平均新年俸      5018万円
年俸上昇率       109.1%
一回毎報酬        69万円

<評価>
クワトロKの三人が3年連続して50試合近く登板というまさに驚異的な活躍を見せている割には年俸の伸びがイマイチ。この三人だけならば通算防御率3.17なだけにもう少し評価されてもよさそうなものだが・・・また特に先発兼任もあった加藤のイニング数が101→90→76と非常に多いのが減点材料だ。今季は大荒れ模様となっている年俸更改の中、その去就が注目される。懸命に頑張っても、業績不振を理由にボーナスをカットされる中小企業の悲哀が感じられるかのようだ。

<お赤いの的表彰選手>
加藤 武治 投手

サイドハンドから繰り出す145祖兇梁球とスライダー、シンカーを実にピンポイントに決めてくる好投手。3.4イニングのロングリリーフもこなせ、監督にとってはこれ以上ありがたい存在はないだろう。・・・そのおかげで使われまくりますが。。(・ω・;) おまけに来季は先発転向ですってよ、奥さん!つーか、この加藤にしても川村にしても、後ろでこそじゃない?まだ木塚の方がよくないか?って思うけど、やっかいなクワトロKをわざわざ解体してくれるので、黙っておこう。w 栗原(広)、高橋(ヤク)らとともに、プロ野球では数少ない山形出身のみちのくサイドハンドに敬礼!('◇';ゞ



                     *


第10位 阪神タイガース

<メンバー>
2004年 安藤・久保田・桟原・金沢
2005年 藤川・ウィリアムス・橋本・江草
2006年 藤川・ウィリアムス・ダーウィン・能見


<成績>
平均登板試合数   50.5試合 あせあせ
平均投球回数      64.7回
平均防御率         2.80 王冠2
平均旧年俸      4654万円
平均新年俸      5037万円
年俸上昇率       108.2%
一回毎報酬        72万円

<評価>
藤川・ウィリアムスという強力2枚看板を掲げ、防御率はダントツの2.80を記録!この二人だけなら2年間で1.42というにわかには信じがたい数字だ。今季は大幅アップが考えられるので、年俸面ではぐっと事情は好転するだろうが、問題なのはその起用方法。いくら優勝がかかっているとはいえ、藤川の登板試合数・投球回数は異常だ。今季は途中離脱があったにも関わらず、63試合79イニングと普通でも酷使と言われるレベルの起用をされている。首脳陣には一考を願いたい。人気もあるし、給料もいいが、仕事は徹夜続きで過労死寸前の広告代理店社員の苦しみが味わいたければここに入団だ。

<お赤いの的表彰選手>
藤川 球児 投手

この人以外には取り上げられんでしょう。経歴などはもうすっかり有名なので省略。つか、なんじゃね、あの酷使っぷりは!シンジラレナ〜イ!まるで浮き上がるかのようなスピンの効いた伸びのあるストレートはプロ野球史上でも間違いなくNO1!プロ野球観戦歴20年以上の私が断言するが、あれは江川よりも津田よりも伊良部よりも上!そんな歴史に残る投手を何て使い方すんだっ!ヽ(`Д´#)ノ と他球団ファンながら怒り心頭。本人も自分は投手生命は長くないことを自覚しているらしく、ボクの投球を今のうちに記憶に焼き付けて欲しい的発言をしているのには涙をそそられますな。分かったよ、いつでもオ〇ニー再生可能なように目に焼き付けておくから!空前絶後の魔球ストレートを駆使する天才投手に敬礼!('◇';ゞ


                     *


やっと10球団終わった〜。
応援のコメントを下さった皆さん、本当にありがとうございます。m(__)m
おかげさまで、日曜日なのに引きこもって更新しちゃいましたw

さて次回はいよいよあの球団が登場です・・・
ファンの皆さんにはお待たせしてすいませんね。
むしろ見ない方が良かったのでは、という程の衝撃的な
結果ですが。。(・ω・;)


↓ 押して貰えると、更新意欲高まります。
ranking
スポンサーサイト
- | -  
Comments
どーもお疲れ様ですm(__)m
やっぱり次回登場ですか。怖いものみたさで逆に楽しみです。
続けて読ませていただきましたが超おもしろいです。心身ともに一苦労だと思いますが、我らが球団の記事待ってますー♪
おぉ、広島が未だにいないとは・・。
後は、オリックスと広島のようですが、もしかして最下位か?w

やっぱり、阪神が防御率1位ですか〜それにしても2.80は凄いの一言。
藤川投手は、よく2年連続も持ちますよね。
それにしても、あんなに酷使して大丈夫なんでしょうかね。
監督も、配慮しないと、壊した時には暴動が起きそうな・・。

来年から、吉武投手がセ・リーグに移りますけど、かなり活躍しそうですね。
もしかすると、小久保より価値が高かったり?

あと2球団頑張って下さいね〜
コメントありがとうございます!

>大ももさん

準備運動をしてから見てください。
正直心臓に悪いです。w

>majoさん

中継ぎのしんどさに比べたら、この位っ!と思いつつ、
結構しんどいかったっす。応援感謝です♪

>むぅさん

もしかしなくても最下位です。w

藤川酷使についてはきっと優勝がかかっているから仕方がないって
感じの意見も強いでしょうね。でも明らかに不必要な場面での登板も
あったりしますし、あんな球を投げられる投手は日本に一人しかいない
のだから、そこらへんをもうちょっと考慮してくれないかと・・・

吉武は何気に一番いい補強だったかも。投手は何人いてもいいですし、
使い勝手がいい投手ですしね。ただこの獲得は道義的な面でちょっと
どうかなぁと思いましたが。









Trackback URL
http://all-in.jugem.jp/trackback/29
Trackback

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR