<< 要チェックや!! * main * セ・リーグ戦力分析〜読売投手編 >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

セ・リーグ戦力分析の続きです。投手編はコチラ

                     *

阪神タイガース〜野手


akahosi







 虎のスピードスター赤星
 デイリーより)


[構成]

捕 手矢野・浅井・野口

内野手シーツ関本△鳥谷今岡・藤本・高橋光・△喜田・上坂・前田大

外野手濱中・△赤星・△金本・△桧山・△林・△葛城・赤松・桜井

※△は左打ち、◇は両打ち、太字は予想レギュラー


[所感]

左右のバランスがよく、ベテランと若手が程よく融合し、長打あり、小技あり、巧打ありと相手に嫌がられる打線といえそうだ。右打ちが上手い打者も多く、"打線"で点を獲りに行くスタイルは今年も健在だ。ただ機動力は赤星の一本かぶりとなってしまい、鳥谷に大学時代の積極性が見られないのが残念。守備面ではシーツ、関本、鳥谷といったところは大きな破綻もなく、安定した守備力を誇るが、右肩故障歴のある今岡、濱中が穴となりそうだ。また外野陣の肩の弱さも気になるところ。ベテランの矢野、金本、桧山らに取って代わる存在が徐々にではあるが現れつつあるが、さすがに一挙に世代交代とはいかないのが現状。


[好材料]

右肩故障から復活をした濱中がようやく計算できるようになったことが大きい。元々打撃面の才能は出色のものがあっただけに、今季もクリーンアップの一角を任せられるだろう。候補者が定まらなかったポスト矢野もどうやら浅井で落ち着きそうだ。課題だったスローイング難も徐々に修正され、アピールポイントである思い切りのいい打撃が出せるようになった。また台湾代表としてWBC、アジア大会などで経験を積んだ林は、浜風のある甲子園でも右中間に叩き込める真の長距離砲として開花しつつあり、今季は更に期待が持てる。


[不安材料]

中日同様、レギュラーと控えの差が大きく、捕手も含めた内野陣は特に顕著といえる。昨季優勝を逃したのは打点王今岡の故障離脱が大きかったが、手首という打撃に多大な影響を及ぼす部分の故障だけに、今季の復活は微妙なところだ。高齢のベテランが多く、わずかな怪我が命取りになり兼ねないだけに、ローテ制を導入するなどして、疲労を溜めない柔軟な起用をしてもいいと思うのだが。


[お赤いの的注目株]

関本 健太郎  Kentaro Sekimoto

今岡の故障もあった今季はほぼサードでレギュラーに定着し、2番として、小技あり、長打ありと幅広く活躍し、規定打席不足ながら3割もキープした。今季は今岡が復帰で再度二塁に回される可能性もあるが、そのまま三塁の定位置を奪い取るだけの実力は備えつつある。契約更改で「あくび料」で1000万円UPを勝ち得たのに何とも。

sekimoto






 いぶし銀の活躍を見せた関本
 サンスポより)


何故関本かって?そりゃドラフト時にカープ入団を熱望してくれたことへのお礼に決まってますw まああの年は澤崎・黒田の年だっただけに、指名のしようがなかったけどね。それにしてもいい選手になったなぁとしみじみ。


************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
スポンサーサイト
- | -  
Comments
こんばんわjinnさん。

赤星は昨年は×だったのでどこまで巻き返してくるか、そしてヤクルトの青木との盗塁王争いが見ものです。

あとは今岡ですね(>_<)一昨年やたらうちましたから、、、



あと

すいません、僕だけではないと思うんですが、、、





阪神にカープの選手、引退後コーチとして流出しすぎでは!!!

関西に住んでるのでやたら気になりますし、たまに兄弟球団ちゃうの?!なんて思います。




何故なんだと思っていますが理由としては

・フロントと選手間がかなり仲が悪い
・給料安い
・球団が保守的で伝統ばかり気にする

でしょうか?m(__)m
こんにちは。

カープのOBが流出してしまうのはある程度仕方が
ないことなんですよね。やはり首都圏や関西都市圏に
比べたら、マスコミの規模も小さいですし、解説者などの
職に就けるのは一流の成績を残した選手のみという
ことになってしまいます。

またコーチ職も、ある程度入団時や年俸を上げられない
代わりに「手形」として発行済みなことも多く、こちらも
狭き門となってしまっています。

上記のような事情と、他球団からは80〜90年代のカープ
黄金期を支えたメンバーへの評価は非常に高いということ
が重なって、人材流出ということになってしまっているので
しょう。また阪神に多いのは、地理的に神戸は広島と近い
というのも影響していると思います。

また昨季の中日コーチ陣には、高代、小林聖二、原伸次、
長嶋、あと音なんかもいたりして、かなり広島色が濃厚でした。
(ハムも多いですけど) 特に阪神だけが、という訳でもないと
思います。他球団への人材流出の理由としてはmasaさんの
挙げられた点があるかもしれませんね。









Trackback URL
http://all-in.jugem.jp/trackback/62
Trackback

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR