<< セ・リーグ戦力分析〜読売野手編 * main * セ・リーグ戦力分析〜ヤクルト野手編 >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

セ・リーグ戦力分析の続きです。

                     *

ヤクルトスワローズ〜投手


takatu






 百戦錬磨のストッパー高津臣吾!
 サンスポより)


[構成]

右先発  : ゴンザレス・川島・グレイシンガー・鎌田・松岡・高市・高木・西崎・増渕

左先発  : 石井一・石川・藤井・丸山貴・村中

右中継ぎ : 館山・松井・木田・花田・遠藤・河端・坂元・吉川・上原

左中継ぎ : 佐藤・高井・田中

抑え    : 高津


[所感]

石井弘、五十嵐が手術のためにシーズン絶望という状況下で、更にガトームソンが移籍となり、苦しい台所事情が更に悪化してしまった。全盛期とは一味違った投球術を身につけた石井一とゴンザレスの左右の両輪だが、昨季の成績にどこまで上積みできるかは微妙。実績のある石川、藤井、川島らの復調が期待されるところだ。中継ぎはいずれも球威がある訳ではなく、粘り強く投げるタイプが多いが、やはり絶対的な信頼感に欠けるところは否めない。そんな中、トライアウトで獲得した遠藤は実績もあり、球威も衰えていないだけに楽しみな存在だ。最多セーブ記録の保持者、高津もさすがに衰えは隠せなくなっており、継投策が方針のチームとしては、リリーフ陣の不安は何とも気になるところだ。


[好材料]

ベテラン・故障持ちの選手が多く、なかなかいい材料が見当たらないので、やはりここは新戦力に期待か。希望枠の高市は140舛やっとだが、絶妙のコントロールと多彩な変化球で相手打者を翻弄するまさに古田PM好みの好投手。また韓国起亜から獲得のグレイシンガーはメジャー通算10勝で、190cmの長身から投げ下ろし、三振を奪う投球が持ち味の本格派だ。また3球団競合で獲得した増渕は、高卒ルーキーで過度の期待は禁物だが、スリークォーターから伸びのある速球を投込む斉藤雅樹2世と言われる逸材で、場合によっては早期の一軍昇格もあり得るかもしれない。


[不安材料]

とにかく故障者が多いのが最も気がかりな材料で、川島、藤井、河端といったシーズンを棒に振った故障歴のある選手もいて、シーズン中の離脱の恐れもある。またベテラン・外国人投手に頼る部分も多く、安定した戦力の計算がし難い。主軸の石川も5年連続10勝の結果は立派だが、防御率は4点台後半と内容は苦しい。今まで戦力がポロポロ抜けつつも、何とか中継ぎ陣が踏ん張って格好を付けてきたが、いよいよ手詰まり感が濃厚になってきた。


[お赤いの的注目株]

丸山 貴史  Takashi Maruyama

3度の甲子園出場、センバツで準優勝、神宮大会でも優勝と華々しい実績の持ち主だが、さほどの高評価は得られずドラフト6位での入団だった。プロ入り後は、その前評判を覆すように、ルーキーイヤーから一軍出場し、昨季は初勝利も手にした。昨オフにハワイウインタリーグに派遣され、防御率一位になるなど、着実に成長しているようだ。

maruyama





 期待の若手左腕、丸山貴
 yahoo!より)


さて、高校時代から全国区の投手だっただけに期待しているファンも多いと思いますが、昨オフのウインタリーグの登板(コチラの4試合目)でその成長ぷりが覗えます。優れた野球眼をお持ちのところてんさんの評にもあるように、球の出所を隠そうとする意識の高さが見て取れ、更にチェンジアップやカーブなどで相手打者のタイミングをずらせる、実戦的なスキルの持ち主と言えましょう。和田(SB)の成功に続けとばかり、この手のタイプの左腕が今非常にブームになっておりますが、カープの場合には、川口・大野といったかつての大型・速球派左腕という憧憬に惹かれがちなので、この流れに乗り遅れないようなスカウティングと育成をお願いしたいところ。


************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
スポンサーサイト
- | -  
Comments
こんにちわjinさん。

ヤクルトの防御率は3.91

カープの防御率は3.96

とあまり変わらないんですね。

しかしなぜかカープはもっと打たれている気がします。(今までの後遺症でしょうか)

しかし五十嵐と石井の怪我は痛いですね。
五十嵐(去年の防御率6.12)はココ最近あまりでしたけど、、、


[お赤いの的注目株]
の丸山投手はすごいですね、球をみえにくくするなんて。こういうのはやはりコーチがメジャーから盗んできて投手に教えるんでしょうか?!

ヤクルトは怪我人がいなければカープよりも全然投手力は
上のチームなんですがねぇ。。
石井と五十嵐は近年の無理使いのツケが一挙に来たので、
気の毒としかいいようがないです。

利き腕の動作をできるだけ体に隠すという技術は日本人投手
に多く見られる傾向で、メジャーの投手はそういったことには
あまり頓着していない気がしますね。(メジャーは殆ど観てない
んで、そういった投手がいるのかもしれませんが。)

例えるならば、10の力を持っていて、試合では6しか出ない
投手がいたならば、全体の力を15にすることで、試合で9
の力を出させるのがメジャー流。10の力を出来る限り効率化
して、9の力を出させるのが日本流という気がします。

特にこれが顕著だったのは、上述の和田とか、星野伸之氏
とかも小さなテイクバックで独特の球の見づらさを産み出して
いましたね。









Trackback URL
http://all-in.jugem.jp/trackback/63
Trackback

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR