<< セ・リーグ戦力分析〜ヤクルト投手編 * main * MOTTAINAI >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

セ・リーグ戦力分析の続きです。投手編はコチラ

                     *

ヤクルトスワローズ〜野手


aoki






 イチローの領域を目指す青木!
 デイリーより)


[構成]

捕 手米野・古田・福川

内野手リグス田中浩宮本宮出・城石・△武内・◇三木・度会・△鈴木健・
      梶本・畠山・川端・大原

外野手: △ギエル・△青木ラミレス・◇飯原・志田・△松元

※△は左打ち、◇は両打ち、太字は予想レギュラー


[所感]

岩村、ラロッカと昨年の主軸が抜けて、リーグ最多本塁打と最多得点を叩きだした打線が一挙に弱体化してしまった。レギュラーの中で左打ちは青木と新外国人のギエルのみとバランスもイマイチ。一昨年首位打者にして盗塁王の青木、巧打が光る宮本、3番に繰り上がりのリグスまでは強力なので、得点力はその後を打つラミレス、ギエル、宮出の出来に大きく左右されそうだ。守備的には青木、宮本、田中といった辺りは磐石だが、両外国人および即席サードとなる宮出辺りはかなり不安を感じさせる。また本来強肩を誇る米野だが、盗塁阻止率が.250と落ち込んだ上、攻守ともに冴えが見られず、今季は古田監督が出張る必要が増えそうだ。


[好材料]

いまやリーグNO1のリードオフマンといっていい青木は2年連続してタイトルを獲得し、その存在感はいよいよオリックス時代のイチロー並になってきた。後輩の田中浩も徐々にプロのスピードに慣れ、攻守ともによりいっそうの飛躍が期待できる。また昨季に一軍出場を果たした、飯原、武内、梶本、川端といった若手野手がその経験を活かしてどこまで成長するかも楽しみだ。新外国人のギエルはWBCカナダ代表で、昨季もメジャー7本塁打と狭い神宮ではかなりの本塁打数が期待できるかもしれない。


[不安材料]

3年連続3割30本を達成した岩村の穴は想像以上に深刻だ。打撃のみならず、守備、走塁面で総合的に優れた選手だっただけに、単に外国人を一人補強した程度で埋まらないのは当然。人望も厚くチームのまとめ役だっただけに、士気の低下も考えられる。ギエルは未知数で、ラミレスは年々成績が低下と、このままではラロッカの穴さえ埋められるかどうか。球団も資金面でかなり悪化しているらしく、どうもこれ以上の補強はどうも望めそうもない。その沈滞ムードがチームに波及しなければ良いのだが。


[お赤いの的注目株]

武内 晋一  Shinichi Takeuchi

甲子園常連の強豪校、智弁和歌山で1年春からレギュラーに居座り、鋭い居合い抜きのような打法で、並み居る上級生投手をことごとく攻略。堤野、池辺らの強打者を差し置いて、「武内が最も怖い」とまで言わしめるほどの猛烈な打棒を振るい、甲子園優勝にも貢献した。早大進学後も和田、鳥谷、青木らとともにリーグ優勝に貢献、首位打者などのタイトルも獲得したが、高校時代ほどのインパクトは残せず仕舞だった。希望枠で入団のルーキーイヤーだったが、一軍では結果を出せず、今季の巻き返しが期待される。

takeuchi






 侍然とした風貌の武内
 ヤクルト公式より)


高校時代のあの恐ろしいまでの雰囲気は記憶に残りましたなあ。しかし、早大に入ってからはどうもそのオーラがいまいち感じ取れず、ちょっぴり残念。一塁守備は堅実無比でなんと大学時代からノーエラーだとか。スゲー( ゚Д゚)


************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
スポンサーサイト
- | -  
Comments
こんににわ。ラロッカ選手はオリックスに行きますね。レギュラーとれるでしょうか。

ラロッカ選手は去年の怪我をしていましたが長打率は.464と高いので確かに打線のダウンはしかたありませんね。

また岩村選手も.544とトップレベルです。

とくに岩村選手はカープ戦は活躍するイメージがあるのでカープファンとしてはホッとしています。(是非メジャーで活躍して欲しいです)

チーム打率.269はカープよりすこし上くらいので来季は打ち勝って欲しいです。(^^♪

こんばんは。

ラロッカは故障さえなければ実績からしてもレギュラー
でしょうね。あとは新監督のコリンズがどんな野球スタイル
なのか。守備重視ならば出番が減るかもしれませんね。

岩村は近年のヤクルトを代表する野手だったので、正直
寂しいです。ヤクルトファンはもっと切ないでしょうね。
これでますます外国人頼りになってしまい、人気の点で
落ち込まないか心配です。

対ヤクルト戦は神宮、広島市民がメインのため、馬鹿試合
になりがちなんですよね。対戦防御率は多分5点近くいって
るのではないかと。さすがに岩村とラロッカが抜ければ、
ここまで打たれまいと高をくくってますけど、どうなることやらw









Trackback URL
http://all-in.jugem.jp/trackback/64
Trackback

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR