<< セ・リーグ戦力分析〜阪神野手編 * main * 三次市の謎 >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

セ・リーグ戦力分析の続きです。

                     *

読売ジャイアンツ〜投手


uehara







 晴れてメジャー入りなるか!?
 zakzakより)

[構成]

右先発  : 上原・パウエル・姜・西村・門倉

左先発  : 内海・高橋尚・金刃・野口

右中継ぎ : 久保・吉武・福田・野間口・真田・酒井

左中継ぎ : 林・前田

抑え    : 豊田・(姜)


[所感]

一昨年の防御率から1点以上も好転した投手陣。更に門倉、吉武といった実績のあるベテランを加え、厚みを増していきそうだ。ただエースたる上原はここ2年連続で負け越し、ストッパーの豊田も連年で3点台の防御率と精彩を欠き、どっしりとした軸が不在なのが気になるところだ。内海、林、姜、西村、更には新人の金刃と楽しみな若手が多く、彼らが潜在能力を発揮すれば中日、阪神に匹敵する投手陣となりそうだが、投手起用の面で、非常に無理使いが目立つことも事実。首脳陣には腰の据わった起用が望まれるところだ。


[好材料]

とにかく若手の有望株が多いのが一番。大きなカーブを武器に一気に左腕エースとなった内海、中継ぎで存在感を示す大型左腕林、テンポ良い投球が持ち味の姜、球威のある西村とそれぞれ利き腕、タイプの異なる投手を揃え、今後更なる成長も見込める好素材ばかりだ。伸び悩み感のある野間口や真田らが彼らに刺激を受けて再生すれば、ますます層も厚くなるはず。


[不安材料]

やはり首脳陣の選手起用がなにより不安だ。60試合登板で左肘を発症した林はもちろんのこと、昨季200イニングを投げた内海、先発・リリーフ兼用だった西村なども、今季は蓄積疲労を考慮して起用する必要がありそうだが、目先の勝利に捉われて彼らを再び無理使いするようでは、せっかく再生した投手陣も元の木阿弥となってしまう。リリーフ転向の噂もある姜も、まだまだ伸び代のある好投手だけに、便利使いですり潰してしまうことは避けて欲しい。


[お赤いの的注目株]

木佐貫 洋  Hiroshi Kisanuki

川内高校時代は松坂世代でも屈指の存在として名を馳せ、亜大時代には同僚永川(現広島)とともにエースとして活躍、大学選手権、神宮大会でも優勝に貢献し、ドラフトでも1,2を争う評価で巨人入りとなった。ルーキーイヤーにはローテ投手として10勝をマークし、新人王を獲得。まるで糸を引くように外角低めに吸い込まれるストレートと落差の大きいフォーク、安定した制球力とどれをとっても一級品で、上原の後を担う次代エースとして期待を集めた。しかし、2年目以降はメンタル面で不安定さを覗かせ、肩の故障などもあり、先発、リリーフを転々。昨季は僅か3試合登板と新人時代の勢いは見る影も無くなってしまった。トレード要員にも名前が挙がり、今季は背水の陣となりそうだ。

kisa






 瀬戸際に立たされた木佐貫
 スポーツナビより)

永川目当てで東都も何試合か見に行きましたが、その度に「木佐貫の方が断然上だよな〜。こんなん獲れる球団が羨ましいよう、畜生!ヽ(`Д´)ノ 」と思ってました。案の定一年目からあの活躍を見せ、誰もがこれは凄い投手になると予感したことでしょう。ところがどっこい、2年目を迎えた木佐貫を待っていたのは堀内+池谷という日本が誇る極悪超人タッグという悪夢・・・かつてノミの心臓と言われた大器小野仁を、泣くまで正座させてぶっ潰した経歴を持つこのコンビを前にしては、少女マンガを愛する繊細なハートを持った木佐貫が餌食にされるのは目に見えてましたな。。

ファンも大切にするし、とっぽい田舎の兄ちゃんって感じで好感が持てるだけに、再び一軍に戻ってこれることを祈っているけど、最近の原監督の眼も血走っているからなあ・・・(・ω・;) とりあえず頑張れ〜。


************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
スポンサーサイト
- | -  
Comments
原監督は某終身名誉監督顔負けの投手起用をしますからね。

去年だって福田を潰しかねなかったわけですし。
とにかく、一貫性のある投手起用を願いたいです。
一回目の就任時にはここまで酷くはなかった
と記憶してますけどねえ。
多分上からのプレッシャーが相当にあるんで
しょう。視聴率的にもここで歯止めを欠けなくては
マズいというフロントの焦りが覗えます。

なりふり構わず勝ちに行くことがホントにジャイ
アンツ愛なんかなぁ?









Trackback URL
http://all-in.jugem.jp/trackback/65
Trackback

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR