<< セ・リーグ戦力分析〜横浜野手編 * main * 男気の象徴!? >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

セ・リーグ各球団の戦力分析を終えたので、ここでまとめをしてみます。今までの分析に一応リンクを付けておきます。

投手編: 中日 阪神 東京 読売 広島 横浜
打撃編: 中日 阪神 東京 読売 広島 横浜

打力、機動力、守備力、投手力の4項目について、グラフ化してみました。ただ、よくある分析と違って、それぞれの項目には異なる分母数を設定してあります。配分の根拠はただの勘ですが、まぁ当たらずといえども遠からずといった感じにはなっているかと。

*

[中日]
_力 10/14 ■■■■■■■■■■□□□□
機動力 _4/_6 ■■■■□□
守備力 _8/_9 ■■■■■■■■
投手力 17/21 ■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□
_合 39/50 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□

昨季総得点はヤクルトと並びトップタイの669点。3位の阪神に70点以上の差を付けている訳で、アレックス離脱を考慮して−1Pしてもまだこの数字。本塁打数は他チームと差はないものの、155犠打 454四球,斑韻紡任弔世韻離繊璽爐任呂覆い里強み。機動力は荒木、井端、福留と3人走れる選手がいることを評価。守備力はもう周知の通りだが、一塁ウッズの穴を考慮して−1P、投手力も万全に近いのでこの数字。総合力ではダントツの一位になってしまうのも致し方なしか。

*

[阪神]
_力 _8/14 ■■■■■■■■□□□□□□
機動力 _4/_6 ■■■■□□
守備力 _5/_9 ■■■■■□□□□
投手力 14/21 ■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
_合 31/50 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

打力は今岡が全盛時に戻れば+2位あるが、そこまでは難しいとみてこの数字。機動力は実質赤星だけだが、体調さえ戻れば一人でも評価に値する。守備力は可も不可もなしということでこんなところ。外野守備に不安があるので、中日英智のような守備固め要員が欲しい。昨季中日と僅差の2位の防御率を誇った投手力だが、井川分の200イニングの穴埋めには相当に苦労するだろうとみている。その影響で-2P。

*

[東京]
_力 _7/14 ■■■■■■■□□□□□□□
機動力 _3/_6 ■■■□□□
守備力 _4/_9 ■■■■□□□□□
投手力 12/21 ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
_合 26/50 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

リーグ最強打線も、岩村、ラロッカの移籍でそれぞれ-2P、-1Pと判断。新外国人のギエルや若手有望株の飯原辺りがブレイクしないと相当に厳しい。機動力もチーム3位の8盗塁を挙げた岩村離脱で−1P。守備面でも空いたサードには急造三塁手の宮出や飯原でかなり不安。合格点が付けられるのは宮本、田中浩、青木の三人のみと厳しい状況。総合すると岩村の穴は井川の穴よりも大きい。投手陣も故障者だらけでは、こんなところが関の山。本来のスペックを考えれば、14〜15位はあるのだが。

*

[読売]
_力 10/14 ■■■■■■■■■■□□□□
機動力 _2/_6 ■■□□□□
守備力 _4/_9 ■■■■□□□□□
投手力 14/21 ■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□
_合 30/50 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

昨季の得点は最下位広島と僅か3点差。しかし、パリーグ屈指の強打者小笠原を獲得し、更にメジャー実績のあるホリンズとゴンザレスも加入、ここに高橋が復調すれば、純粋な打力では中日を上回る可能性もあるかも、ということで同等評価。昨季73盗塁は中日と並び2位タイだが、鈴木や矢野の出番が減ることを考えれば、こんなところ。昨季一挙に好転した投手陣は姜が1年稼動することと、金刃、吉武、門倉と入って厚みが出てきたことを考慮して、阪神と同等評価に。

*

[広島]
_力 _8/14 ■■■■■■■■□□□□□□
機動力 _3/_6 ■■■□□□
守備力 _5/_9 ■■■■■□□□□
投手力 12/21 ■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□
_合 28/50 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

昨季得点最下位とチームカラーの打撃力の衰えとも思えるが、開幕当初のちぐはぐな打順と緒方、栗原、廣瀬と故障者が相次いだ影響と考える。本来はこの位の数字はあるはず。機動力は梵、東出、松本と走れる選手はいるが、その他が鈍足揃いで-1P。守備力は二遊間ががっちり固まったのが大きいが、不安の大きい捕手陣とベテランが多い外野を考慮すると高い評価は与えられない。投手陣は防御率が3点台にUPし、即戦力投手3人を加えて厚みを増したが、他球団と比較するとやはりまだまだ層は薄い。

*

[横浜]
_力 _7/14 ■■■■■■■□□□□□□□
機動力 _2/_6 ■■□□□□
守備力 _6/_9 ■■■■■■□□□
投手力 10/21 ■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
_合 25/50 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

多村の移籍もあり、外国人も今のところ獲得予定もなく、大幅な得点力向上は疑問符が付くが、4番佐伯の起用がなくなり、鈴木尚辺りが復調すればこの位の評価はできそう。走塁面はベテラン石井がチームトップという寂しい状況で、足のある多村も移籍。仁志も既に走れるレベルではなく、最下位評価は止む無し。守備力は外野を小池、金城、内川で組むと仮定すればこの数字。鈴木尚や古木ならば-1P。投手陣はあまりに実績がない投手が多く、クアトロKも解体と全く計算が出来ない状況なので、この数字に。

*


総合力だけを抜き出すと以下のような感じになりました。

中日 39/50 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□
広島 34/50 ■a■l■l■-■i■n■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□
阪神 31/50 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
巨人 30/50 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
東京 26/50 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
横浜 25/50 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

やはり、中日の戦力が抜けているのは否めないところ。それに続くのが広島で、ここまではプレーオフはほぼ確定的。残りの一枠を阪神、巨人で争い、東京、横浜はチームを立て直しつつ、どこまでやれるかといった感じですな。

















何か文句あるぅ?

あるある大事典よりはマシやと開き直り( ゚Д゚)y─┛~~

************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
スポンサーサイト
- | -  
Comments
自分はカープファンではないのですが、この戦力分析シリーズはかなり的を得ていると思います。これからも、楽しみにしてます。
All-in笑w

ところてんさんの所経由でずっとROMってました。
戦力分析、面白かったです。

ちょくちょくコメントするかもしれないのでよろしくお願いします。
なかなか興味深い戦力分析で
面白かったです。

基本的にJINさんにほぼ同意なんですが
私は読売の力を計りかねています。
あのチームがまかり間違って
1年間機能してしまうとかなり厄介ですよね。
原監督を信じています。逆の意味ですが(笑)
みなさまコメントありがとうございます!

>野球大好きさん

はじめまして。
カープも含めて、公平に判断しようと心掛けてたので、
カープファン以外の方にそう言って貰えると嬉しいですね。
またお好きな球団の記事があったら、気軽にコメントして
下さい。

>ボボコフさん

はじめまして。
楽しんで頂けて何よりです。冷静に分析しているようで、
結構間が抜けているところもありますんで、突っ込みどころが
あれば、是非どうぞw

>前田愛好家さん

読売は実に怖いですよねえ。額面だけ見れば優勝候補と
言ってもおかしくないし。もし原監督が一年目に戻れば、あるいは
と思いますが、今のダークフォースに取り込まれた状態では・・・(・ω・;)









Trackback URL
http://all-in.jugem.jp/trackback/69
Trackback

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR