<< セ・リーグ戦力分析〜中日野手編 * main * セ・リーグ戦力分析〜阪神投手編 >>
スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

育成重視のドラフトに!

takahama広島の今年初めてのスカウト会議が12日、広島市中区の球団事務所であった。即戦力補強を進めた昨年とは一転、育成重視のドラフトに戻す方針を確認。(中略)若手野手の層が薄くなったチーム事情もあり、高校生選手を重点的にマークしている。苑田聡彦スカウト部長は「足が速かったり、肩が強いなど秀でたものがある選手をリストアップした。今後、試合を見る中でもっと候補選手を増やしていく」と説明した。上位候補として名前が挙がったのは高浜卓也内野手(神奈川・横浜高)、藤村大介内野手(熊本・熊本工高)、唐川侑己投手(千葉・成田高)ら。他球団からの注目度が高い中田翔外野手(大阪・大阪桐蔭高)も候補に入った。(記事は中国新聞、画像はasahi.comより)

全国500人ぐらいは居るであろう、カープドラフトヲタの皆さん、こんにちわ。来ましたね。第一回スカウト会議が。まだ時期尚早の感もありますが、愚直なまでに誠意を貫く方針のカープのスカウティング事情を考えれば、まずは大体の方向性を見定めることができる重要な会議です。カープのドラフトを見守り続けて10数年の私が、初心者にも分かり易く、この記事から読み取れる各ポイントを解説していこうと思います。

*

 育成重視

まぁ、これについては何と申しますか。要するにほら、お坊さんが酒を般若湯と呼ぶのと同じことですよ。すなわち「即戦力の大学社会人は金がかかるので要らん!」つーことです。昨年は社会人投手を34年ぶりに三人も獲りましたが、やっぱり黒田に出て行かれるのが怖くて仕方なかったんでしょうね。1年で逆戻りですわ。トホホ。来年はマーティーの計画では優勝する年のはずですが、補強するつもりはないんですかね?それともマーティーならば現有戦力で何とかしてくれると高をくくったんでしょうか?まぁ今年は大社不作の年ですし、結果オーライということで明るく行きましょう。来年の岩本、上本両獲りに向けての資金の節約なんだといい方に考えます。


高校生野手を重視

足が速かったり、肩が強い」高校生野手を獲得しようってことですね。上に挙がった高濱(横浜)はまさにプロでの上位クラスの超強肩内野手、一方藤村(熊本工)は一塁到達が3秒台という超俊足内野手ということでまさにその評価にふさわしい選手と言えましょう。つーか、これも緒方、前田以来のカープドラフトの伝統ですね。最近はめっきり成功例が減ってしまっているのは実に気がかりです。もう彼らのような偉大な選手は出てこないのかのぅ?


 中田は回避?

はっきりとは書いてありませんが、裏読みするとこういう結論になりそうです。「他球団からの注目度が高い中田翔外野手(大阪・大阪桐蔭高)も候補に入った。」という書き方は、指名リストには一応名前は挙がったが、上位候補として具体的には名前が挙がらなかったということでしょう。わざわざ特集まで組みましたが、どうやら予想通りになりそうで、残念でございます。

↓1月13日追記
と思ってたら、報知に記事が出てましたね。
松田元オーナーは「すごく素晴らしい選手だが、他に優先すべき選手もいる」と、12球団で唯一、怪物から早々と手を引く経緯を説明。現有戦力で不足している左打ち内野手の獲得を最優先させ、横浜高・高浜卓也、熊本工高・藤村大介(ともに2年・内野手)を筆頭候補にする考えだ。
ハーイ、中田強行指名派の皆さん、撤収してくださ〜い。・゚・(つД`)・゚・


唐川の評価高し

高校生野手の名前が挙がる中、唯一の投手で入ったのがこの唐川(成田)です。例の如くgogo126さんの動画サイトでその投球動画を観ることができます。(観た後は必ず下の方にあるランキングをクリックして下さいね。それが礼儀ちゅーもんです。)

ゆったりとしたフォーム、重心の低さ、安定した制球、柔らかい腕のしなり、私見ですが、川上憲伸(現中日)に実に似ている印象があります。ストレートのMaxも既に147舛函△泙気膨狭盥撒蕕療蠎蠅任后もちろんドラフト1位ほぼ間違いなしの投手ですので、指名するならば1巡目以外にはありません。野手でないのならば、この唐川が一番手評価ということなのでしょう。

*

以上をまとめると、2007年のカープドラフトは高校生中心。前年と同じ制度ならば、希望枠は放棄して、高校生2巡目指名を選択する可能性濃厚。強肩・俊足といった特徴のある野手を重視。中田は回避確実、投手では唐川が一番手評価って感じですね。

一つだけ不満があるのは、左腕が補強対象に全く上がってないことです。何でかな〜、絶対補強ポイントだと思うけど。しつこいようですが、現時点でもっとも獲りに行く価値がある左腕は大社を含めても植松(金光大阪)だと思います。後日解説をしたいと思いますが、高校時代の杉内、和田、丸山らを高く評価した左腕フリークの私としては、ぜひとも指名に向かって頂きたい訳でして・・・ドラフトマニアと噂の松田元オーナー様に、ここのブログを見て貰えないものか。。(・ω・;)


************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
スポンサーサイト
- | -  
Comments
積極的に左腕をとりにいかないのは、まだ本年は仁部や大島に執行猶予(・・・表現きついな・・・)がついているからかもしれませんね。
執行猶予がなくなったら、積極的に補強しなければ!なんせ広池・高橋もあと何年使えるか不透明ですから。

(ドラフトネタを書いているのは主にサブブログのほうです。)
更新してないのに随分ランキングがインフレってると思ったら
ありがたいクリックのすすめが!!
感謝です。
皆様、気に入った動画があればクリックしてやって下さい。

和田を高く評価していたというのはさすがですね。
1、2年活躍出来たとしてもその後は下降するんじゃないの?
と大ハズレ評価をしておりました(^^;
コメントありがとうございます!

>(まめ)たぬきさん
執行猶予・・・きつい表現ですが、まさにその通りかも
しれません。。(´・ω・`)

大島が育ってくれれば、と毎年思いますが、その予兆
すら見せてくれないので、さびしゅうございます。
サブブログ、見させてもらいますね。

>gogo126さん

いえいえ、私もいつも重宝してますから。これからも
期待しとりますよ。ランキング、瞬間最大風速でも
gogo126さんの後ろに付けて嬉しい限りw

>>和田を高く評価していたというのはさすがですね。
昔からドラフトサイトなどを覗いていて思うのですが、
右投手に的確な評価を出来る方に限って左投手を
大外しするケースが多いんですよ。私の場合、
フィーリングで適当に決めているのがいいのかも
しれません。

ただ今のトレンドとして、球を隠す意識が高かったり、
球持ちが良い左投手は多少球速が出なくても、成功
する確率が高い気がします。昨季登場したカープの
齊藤なんかもそのタイプですね。
何故左を獲らない!左を制するものはセリーグを制する!!

とまではいいませんが何故でしょうか?

来年河内は楽天へ電撃移籍なんてこともあるかもしれないのに(>_<)

でも育成重視はうれしいですね。

マーティーなら軍隊のように鍛えることはないからです。






強肩・俊足の選手はカープに近年出ていないのでじっくり育てて欲しいです。


その前にカープにきてくれるのかな!?
(ボソ)

他球団の分析をしていると、その左投手陣の質のみ
ならず、量にも驚いてしまいます。。
要するにカープだけ左が足りなさ過ぎなんですよね。
トホホ。

>その前にカープにきてくれるのかな!?
>(ボソ)
それを言ってはいけない!w
ほーもう中田回避か・・。
まぁ、金を貯める一年としてみときましょうか。
私は、中田回避で正解だと思うし、上手くいい素材を手に入れて欲しいな。

それにしても、植松投手は相当評価高いのですね。
左不足を早く補って欲しい気持ちが強いのは当然って事なのですね。
>>まぁ、金を貯める一年としてみときましょうか。

何だか二年越しにお年玉を貯めてゲームを買う
小学生みたいな切ない気分が致しますね・・・トホホ。

植松の評価が高いこともありますが、今年は大社で
いい左投手がいないんですよね。
良い左腕はプレミアが付いてしまうので、やはり
カープとしては高校生獲りが基本でしょう。









Trackback URL
http://all-in.jugem.jp/trackback/79
Trackback

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR