スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

内野自由席券1枚差し上げます。

ticket3/17(土)の西武ライオンズ対広島カープのオープン戦があるのですが、一緒に行く予定だった連れに急用ができてしまい、チケが余ってしまいました。何しろカードがカードなので、野球好きの人に「要らない?」と声を掛けても、「要らん」と即答されてしまいますた。せっかくなので、どなたか読者の方に差し上げたいと思います。


応募要項

◇ 名前とメールアドレスを記入して、チケット希望とこの記事にコメントして下さい。(悪用防止のため、できればフリーメールなどの捨てメアドを推奨致します。)

◇ 普通郵便での送付を予定しています。手渡しも考えたのですが、自分のペースで観に行きたいので、ご勘弁下さい。また時間も迫っていることから、関東在住者のみに限定させて頂きます。

◇ 上記の都合上、3/14(水) 23:00をもって締切とさせて頂きます。当選者はこの記事の追記として発表致します。

◇ 当選者にはその時間にメールを送りますので、すかさず返信をお願い致します。翌日の昼12:00までに返信がなかった場合には無効とさせて頂きます。

◇ 別にカープファン以外の方でもOKです。18(日)の西武VS楽天戦、19(月)の西武VS福岡戦でも使用可能です。

◇ 複数応募者が出た場合には抽選とさせて頂きます。

◇ 万一予定外の事態で送付が不可能だった場合、観戦できかったことに対する補償は一切致しかねますので、ご注意下さい。

*


応募があるのか、かなり微妙なラインでしょうけど、まぁ捨てるよりはマシかなと思いますんで。
あらかじめ前振りしときますが、今回の話はあんまり野球そのものとは関係ないくだらなネタです。選手のファンの方は何卒怒らないようにお願いします。

*


森笠、右打席に手応え!

kasa左打ちから左右打ちに戻した森笠が、オープン戦初の右打席でいきなり結果を出した。二回一死一、三塁で、和田のチェンジアップを中前へはじき返す適時打。「真ん中の甘い球。追い込まれていたので、センター中心にいった」と振り返った。右打席での安打は、2003年シーズン以来、4年ぶり。「右打席を再開した昨秋に比べると、打席の感覚も変わってきた」と手応えも感じている。(中国新聞より)


右打ち再挑戦の森笠ですが、早速結果が出て良かったですね。前回の右打ちフォームをすっかり忘れていましたが、Youtubeに動画があったので、一応貼っておきます。

この写真を見ていて気が付いたのですが、インパクトの瞬間にも関わらず、ボールから目線を切ってあらぬ方向を向いてませんか?こんなアッチ向いてホイ打法でええの?

kasa2


そういえば、この森笠の顔つきって両目が離れていて、何だかカエルっぽいなぁと思ってましたが、やっぱりカエル同様に広角な視野を持ってるから、この角度でも視線はボールを捉えられるのだろうか?とかすげーくだらねーことも考えてみたり。

kaeru


*


あとカープ赤フンを世に送り出し、相変わらずノリノリの商品企画部ですが、新たなターゲットに前田を目を付け、なかなか素敵な商品を開発してきてますね。

maecolle









魅惑の前田応援セット


本人にこの企画の話は通してないらしく、それこそ一昔前だったら、孤高で気難しい侍イメージのある前田を勝手にこんなネタにして大丈夫?という心配する人もいたかもしれませんが、いまや前田が陽気で、子供っぽくって、ちょっぴりシャイなテレ屋さんというキャラってのはバレまくってますからねえ。

むしろこのノリで緒方を取り上げたらそれこそ神!と呼ぶにふさわしいですが。
下手したら鉄拳が飛んでくると思いますよ。ええ。

*


とか書いてたら今度はフェルナンデス赤フンかよ!

akahun広島が今月中にもナックルボーラーのジャレッド・フェルナンデス投手(35=ブルワーズ)にちなんだ「ふんどし」を発売することが12日、明らかになった。キメの文句は「タマが揺れる」。ファンならずともタマらないアイテムが人気のシリーズに加わる。(日刊より)



( ゚Д゚)


揺れる魔球と引っ掛けた。2つの“タマ”が描かれたデザインも候補に挙がったが「さすがに露骨」として球団幹部が却下したという。

その防衛線だけは何としても食い止めなアカン!
下ネタは行過ぎると、とたんに笑えなくなるので、取り扱い要注意ですぞ。

それにしても最近のカープ商品企画部の暴走っぷりが見ていて楽しい。楽天のマスコット、Mr.カラスコ(元トラッキーやブラックホッシーの中の人)の暴走同様、いつかNGを喰らいそうなドキドキ感もあって。

************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
先発3投手に不安材料!?

kuroまた一つ、関門をクリアした。広島のエース黒田がオープン戦2度目の先発で、前回4日の楽天戦から1イニング増の3回を3安打2失点(自責0)。手術した右ひじに不安を感じてもおかしくない気温8度の冷気で、予定通りのイニングを消化し収穫を強調した。(スポニチより)



終了 広島 1勝1敗0分 13:00 尾道

______1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
ソフトバンク 0 2 0 0 0 3 0 1 2 8
広島___ 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3

勝:和田 負:高橋 S: −
ソフトバンク 和田−馬原−甲藤−ニコースキー−山村 : 的場−高谷
広島     黒田−高橋−大竹 : 倉−白浜
本塁打 城所(9回=1号2ラン)

TVもネットでも中継がないため、憶測での記事となります。観てもいないのにいい加減なことも書けないなぁとも思いますが、いつも適当なことを書いては外しているような気もするので、まぁええことよと妥協しておきます。

今までのオープン戦では先発からきっちり中継ぎに回す、シーズンさながらの継投でしたが、この日は先発候補が3人登場し、先発テストの意味合いが強かったようですね。

黒田:3回3安打1四球2失点

2回に松中、小久保のに連打を打たれた後、パスボールと併殺崩れの間に2失点。まぁ打ち込まれたという形ではないので、それほど心配するには当たらないでしょう。というか、黒田の心配までしていたら、もうキリがないですからね。黒田がコケれば今年のカープもコケるのは間違いなく、もう半ば思考停止気味に「黒田は大丈夫、黒田だけは大丈夫」と思い込まなければカープファンなんてやってられませんがな。


高橋:3回3安打2四球3失点

ソフトバンク主力に対し、2回をピシャリと抑え、「これはイケるか!」と思ったのもつかの間、先頭打者への四球から崩れてしまうという駄目パターン。マーティーが最も嫌う得点の取られ方です。相手が若手中心に切り替えてきたので、建さんも思わず若さ溢れる投球で対抗しちゃったのでしょうか。昔から松井秀喜に真っ向勝負を挑んでは、バカスカ打たれるのを観るにつけ、「ああ、若いねえ」と思わざるを得ない投球スタイルでしたが、幾ら年を取ってもそれを変えないというのはもう何とも。この前も「ストレートにこだわった」とか言うてたしなぁ。大竹や長谷川ですらモデルチェンジを成しつつある昨今、それでいいのか建さん?という疑問も感じなくもないですが、でもその一方で「何時までも若さ溢れる建さんじゃなくっちゃヤダ!」と思ってしまう自分はやっぱりダメなカープファンなんでしょうね。「年は38歳、球は28歳、気持ちは永遠の18歳」、そんな建さんに萌える今日この頃。つーか、次はきっちり抑えてくださいよぉ〜。


大竹:3回4安打3失点

8回は仲澤にタイムリーツーベース、9回には本多にヒットを打たれた後に、城所にツーランを浴びるなど、ソフトバンクの一軍当落線上の選手たちに打ち込まれてしまいました。ダグラスがおらんという状況下では、必然的に大竹にかかる期待は大きくなりつつありますが、ここできっちり結果を出してくれんかなぁ。まぁ四球がなかったのは救いだけども。キャンプから取り組んでいた、スライダーの曲がりを小さくしていたのはどうだったのだろうか?投球内容が実に観てみたかったですが。。

さて、先発争いも何となく形が見え始めてきましたね。あんだけ居ると思っていた先発候補も、ここにきてはっきりと明暗が分かれてきて、絞り込まれてきました。今の時点で予想すると、まず黒田は絶対確実として、昨年までの実績を加味して、大竹、佐々岡は当確、先日素晴らしい投球を見せた長谷川もほぼ間違いでしょう。残り後二人ですが、左腕ではこの日評価を落とした高橋建と新人青木高の一騎打ちで、フォームを崩している斉藤は一歩後退、大島は次のチャンス待ちですが、去年の体たらくがあるだけに今一つ押しに欠けるかも。右腕ではフェルナンデスがマーティーの発言からしても開幕候補に入っているっぽいので、新人宮崎は今後よほどいい投球を続けないと、ローテ入りは厳しいかもしれません。自分的にはフェルナンデスは既にネタ要員としての使命を終え、ハーストの隣に墓標を建設中という存在なのですが、開幕した途端に機敏な動きを見せて一変!なんてことがありはしないかと一縷の望みだけは捨てないでおこうと思います。

*


さて次はここ2試合で6安打しか打っておらず、深刻さが増す打線ですが、やはり爆発とはいかず、僅か5安打に終わりました。しかも5回以降はノーヒットというお寒い限り。いいところを探すとなれば、その貧打の中でも3回に4安打を集中させて効率良く3得点を挙げた辺りでしょうか。あとは大不振だった栗原に1本ヒットが出たのは良かったですね。この前を見た限りでは、一度試合に出さずに再調整させた方が良いかもと書きましたが、試合で1本でれば心理的にもガラリと変わる選手だと思うので、今後の復調に希望が出てきたように感じます。ヒットの後にライトフライが2本と、右に打つ感覚も取り戻しつつあるのではないでしょうか。単に差し込まれただけだったりして。 この日も4タコ2三振の嶋については、何と言ったらいいやら。04年の赤ゴジラ旋風の際のビデオを見返すなどして、いい時の打撃を思い出して欲しいです。あと調整遅れだった森笠が出場して1本打ったのは嬉しいニュース。白熱する外野争いに実力者が帰って、エライことになりそうですね。ああ、早くカーサの右打席が見てえ。

*


と、個別寸評だったり、文章でまとめてみたりと何だか統一性のない試合評でしたが、シーズンに入ったらどういう形にしようか、ただ今色々と模索中です。冒頭の試合結果なども貼らなくてもいいような気もしたり、しなかったり。今はオープン戦で試合感覚もまばらなので、それなり凝ったものも書けますが、何しろ長いシーズンだけに、試合評のフォーマット如何で大分労力なども変わってくるような気がしてます。色々と他のブログさんも参考にしているんですが、やっぱり書きたいポイントって違ってきますからね。妄想爆発することの多い自分としては、個別寸評の方がいいのかなと思いますが、そうすると全体の試合の流れとかが書けないかなぁと思ったりもして。まぁオープン戦もまだまだあるので、開幕前までにはどういった形にするか、あれこれ試行錯誤していきたいと思います。色々とアドバイス頂けると助かります。

************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
春場所雑感
comments(4) | trackbacks(1)  
多分10人位にしか読んで貰えないであろう相撲記事ですが、一応春場所記事を書いておこうかと。ホントは昨日書きゃあよかったなぁと思うほど、初日から予想がビシビシ当たりまくりだったんですがw

*


春日王 1勝0敗 下手投げ 琴奨菊 0勝1敗 ●

新三役関脇で期待が大きい琴奨菊なんですが、新三役って8割方は負け越しという印象で、鬼門なんだよね〜。立合いからいいところなく、春日王に投げを食って自滅。今後は上位対戦も続くため、相当に苦しくなりそうな予感。


朝赤龍 0勝1敗 押し出し 栃東 1勝0敗 ○

「5日目までに1勝ならば引退を考えます。」という栃東。大関が2勝がボーダーって何やそら!と突っ込みを入れたくもなりますが。厳しい言い方でしょうけど、カド番在位の歴代ワンツースリーを締める3人の大関にはもはや何の期待もかけてはおりません。晩節を汚さないって美意識はもう過去の遺物なんだろーな。まー、今日の内容は悪くなかったけど、後は左右に振られた際にどう対応できるか。


琴欧洲 0勝1敗 下手投げ 豊ノ島 1勝0敗 ○

一挙に大関の懐に飛び込んで、会心の下手投げ一閃!カッコいいよ、豊ノ島!そして相変わらず微妙な結果に物言いが付かないと不満タラタラの態度を見せる琴欧洲、カッコわりぃ!でもまあ外国人力士には物言いが付かないという傾向もあるので、協会はもっとちゃんと判定せないかんで!


稀勢の里 1勝0敗 突き落とし 白鵬 0勝1敗 ●

大相撲の次代を担うと評される楽しみな二人の対決。序盤から前にでる稀勢の里に対して防戦一方の白鵬。巻き変えて出ようとするも左からの突き落としにバッタリ。それにしても最近のキセノンの圧力は凄いね!朝青龍がけたぐりに行って逃げたくなる気持ちも分かる。残念ながら連続三役は途切れてしまったけど、この分ならば更に上が見えてきたような気がしますわ。つまらんはたきを食わんように要注意。


千代大海 0勝1敗 寄り切り 安馬 1勝0敗 ○

安馬とか、安美錦とか、小さい力士にはめっぽう強い千代大海なんで、今日も圧勝かと思いきや、立ち合いから何だか両者の体が同じ位に見えてしまい、アレッと思う。安馬がデカくなったのか、それとも龍二さんが縮んだ?取組みはその印象のまま、安馬が突き放されず、一挙の寄りで完勝。今場所は再び優勝争いに絡むんと違うか?これは?


朝青龍 0勝1敗 送り倒し 時天空 1勝0敗 ○

大関三連敗でいよいよ荒れる春場所か!?と実況が入ってたけど、大関陣総崩れが珍しくもない昨今では、やっぱりこの人が負けないとそれを言っちゃいかん、と思ってましたが、やってくれたよ時天空!こんな記事があって、並々ならぬ闘志を燃やしておりましたが、それに違わぬ結果を出したのはお見事!土俵際で出るところを上手く回り込んで、完全に朝青龍の後ろを取り、あとは相手の焦りを見透かして、じっくり攻めて送り倒し!いやはや、天晴れ。インタビュー涙目やんw 一方朝青龍も場所前の八百長騒動を打ち消すためにも、かなりの稽古を積んで臨んできただけに、この1敗は悔しいでしょう。それでも後ろにつかれつつも勝負を諦めない、その勝負根性は健在ですし、この人はかえってこういう負け方をした後の方が強くなるんだよね。今後の修羅と化した朝青龍の巻き返しに期待大。


*



いきなり朝青龍がつまづくという展開で、俄然面白くなってきた春場所。でもまあ朝青龍の絶対優位は変わらないので、序盤にキセノンかアマが当たって、そこで番狂せがあったりなんかしたらと期待しときます。
さて、ここまでオープン戦などで目に付いた他球団の新戦力を動画を交えて紹介していきたいと思います。

*

寺原、古巣相手に快投!

tera横浜の寺原隼人投手(23)が7日、古巣のソフトバンクとのオープン戦に先発。3回を無安打無失点に抑える快投で開幕ローテーション入りを決めた。交換トレードの相手となった多村仁外野手(29)との対戦では最速151キロをマーク。工藤、三浦の開幕投手争いが激しさを増す中、巨人との開幕カード3戦目(4月1日、横浜)の先発候補に名乗りを上げた。(スポニチより)


投球の動画はコチラで。

それにしてもこの時期にMAX151舛妊灰鵐好織鵐箸150繕瓩をはじき出すとは凄まじいですね。甲子園最速記録男の面目躍如といったところでしょうか。またスライダーも切れてますし、右打者へのシュートもあり、なかなかやっかいそうです。ただ、空振りを誘ったのはほとんどスライダーで、ストレートの切れはさほどではないかなといった感じを受けます。

この寺原はこのまま順調にいけば、開幕2カード目のカープ戦登板が濃厚じゃないかと見ています。(巨人戦は三浦、工藤、土肥で行くのではないかと)攻略法としてはやはり球が上吊る初回に勝負をかけたいですね。ボールを良く見極めて、ランナーを貯めて、カウントを取りに来たスライダーが甘く入ったところをガツン!なんてイメージを想定してます。気が早すぎですねw

*

増渕、リリーフ試験に合格!

masuスーパールーキーが、またひとつプロのハードルを乗り越えた。八回から5番手で登板した高校生ドラフト1巡目の増渕(鷲宮)が、ソフトバンク打線を相手に1回1安打1奪三振。無失点で、首脳陣の“リリーフ適性試験”に一発合格だ。(中略)先頭の江川にスライダーを左前に弾き返されたが、動じない。続くブキャナンを二飛、井手を三ゴロで退け、最後は本間をこの日最速の145キロ外角速球で3球三振。18歳の新人とは思えない貫禄を漂わせた。(サンスポより)



投球の動画はコチラで。

もう凄いですね。ストレートの伸び具合が。画面上でもホップしているような印象を受けてしまいます。スライダーの曲がりはまだまだまだといった感じですが、このストレートは間違いなくプロで飯を食える球でしょう。古田PMは先発のテストもするようなことを言ってますね。とにかくここの投手陣は怪我人だらけなんで、よけいに期待を集めてしまうのも分かるんですが、そこは将来を考えてぐっとこらえて欲しいもんです。注目を浴びるハンカチ世代でも指折りに数えられる資質の持ち主だけに尚更ですわ。

あとこのハンカチ世代の投手たちを見ていて驚くのが、投球内容以上にメンタル面での成熟ぶりなんですよ。斉藤祐樹はいわずもがなのクール&クレバーな投手ですし、田中のまー君などもマスコミ対応を見てると、「こなれてるなぁ〜」といった印象で松井秀喜の落ち着きを思い起こさせますし、我らが前田健太もマウンドでの闘志と投げる楽しさを前面に出してくる投手ですし、またこの増渕も私学を倒すために県立に行ったりと反骨精神と負けん気といったプロ向きの性格を感じさせます。これだけ精神的に落ち着いた好投手が、しかも高卒で揃ったというのは今までになかったことではないかと。大嶺は・・・まぁ一番高校生っぽいかもw いずれにせよ皆将来が楽しみな投手ばかりで、チームを背負う投手となる日も遠くはないはず。リーグで、交流戦での対戦が今から待ち遠しい野球好きも多いのではないでしょうか。

*


大引、攻守に冴えわたる!

ohbikiオリックスのルーキー大引(法大)が攻守で存在感を示した。二回のオープン戦初打席で安打を放つなど4打数2安打。守りでは失策もあったが、二遊間を抜けそうな難しい当たりを好捕し、守備範囲の広さをアピールした。大引は「打球が速かったけれど対応できた」と満足げだった。観客のほとんどが阪神ファンで「こんなにたくさんの人の前でやったことはない。いつもと違う緊張感があった」と言う期待の新人は、開幕レギュラーへ向けて「上出来です」と納得顔だった。(神戸新聞より)


動画はコチラで。

昨ドラフト前にはやたら"虎の恋人"と関西マスコミの間で喧伝され、気の早い虎キチがレプリカユニを作って、球場で掲げたなんてアホな逸話があったりするこの大引ですが、やはりさすがの才能の持ち主ですね。トップの作り方、球の見送り方、実にセンスを感じさせます。ただこの前の新人研修で自虐ネタに走ったり、ちょっと気の弱いところも見受けられるので、その辺がプロでどう出るか、注目しています。

さて、大引といい、W平野といい、最近のBsには実に玄人好みのいい選手が入団してますね。おまけに菊地原、デイビー、ラロッカと元カープ勢も揃ってますし、「マー君が入った楽天の方が上!」なんて意味不明の扱いで最下位予想を受けてしまったりと、心情的にはすっごく応援したくなるチームなんですが・・・あの親会社であのオーナーでなければなぁ〜。まだまだ未熟な私には割り切れないです。Bsファンの方、すまんです。

あと対戦相手の阪神能海のデキもいいですね。きっちりアウトローにコントロールできているのが好印象です。もともと素直な球筋の投手なので、もう一つ癖のある変化球を増やせば怖い存在になってきそうですね。福原・安藤が出遅れてますし、開幕カードの対決もありそうな気配ですな。

************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
<< 2 / 20 >>

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR