スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

セ・リーグ戦力分析の続きです。投手編はコチラ

                     *

読売ジャイアンツ〜野手

ogasawara





 ヒゲを「失った」小笠原の今後は?
 日刊スポーツより)


[構成]

捕 手  : △阿部・加藤・村田・実松

内野手 : △ゴンザレス二岡・△小笠原・△脇谷・△小坂・◇木村拓・△古城・
       川中・小田嶋・岩館

外野手 : △高橋由矢野・ホリンズ・◇鈴木・△清水・大道・△亀井・△小関・
       △斉藤・三浦

※△は左打ち、◇は両打ち、太字は予想レギュラー


[所感]

ぱっと見、左右のアンバランスさが目に付く。未知数の外国人以外には、日本人でレギュラー陣に割り込めそうな右打者は二岡、谷、矢野の三人位で、強力な左打者陣と比べると大分見劣ってしまう。ただ、李、小笠原、高橋由、阿部といずれも左投手を特に苦としないバッターだけにさほど深刻ではないか。昨季3割40本の李、パリーグMVPの小笠原に加え、故障からの復活を期す高橋由、強打者阿部らで組む中軸は迫力満点で言うことなし。それだけに1,2番の出塁率が課題となってくるが、どうやら昨季後半に定着した脇谷、鈴木のコンビは使わないようだ。谷や矢野といった辺りをどう絡めてくるのか、起用法に注目したい。個人的には矢野の思い切りの良さを買って、一番に使ってみたいが。課題の機動力は昨季25盗塁の鈴木と11盗塁の矢野位で、なおかつ二者択一の起用となりそうなので、あまり改善は望めないだろう。


[好材料]

何といっても今オフ最大の大型補強で獲得した小笠原の存在が大きい。フルスイングばかりが注目されるが、三振とほぼ同数の四球を選んでいるように、卓越した選球眼の持ち主で出塁率も極めて高い。例え不調でもじっくり球を見て、チャンスを拡大できる非常に嫌らしいバッターだ。ただオールスターや日米野球、WBCでも成績を残していないように、初めて対戦する投手への対応力という点では若干疑問が残るので、リーグ移籍の今年は.280 30本程度を目安に考えておいた方が良さそうだ。


[不安材料]

年々守備が不安定になっていることが気がかりだ。名手と言われた二岡や高橋由は怪我の影響で、レベルダウンしてしまった印象があり、谷も足の衰えが顕著で不安が残る。また昨季の記録的な転落の要因となった主力の怪我だが、これは長年劣悪な人工芝でのプレイを余儀なくされたことのツケとも言える。今春に人工芝の総張替えを行う予定とのことで、時既に遅しの感もあるが、やらないよりはマシか。また今季も小笠原、谷、大道、ホリンズ、ゴンザレスなど、補強に余念が無かったが、この補強からは「どういう野球がやりたいのか」というビジョンが全く見えてこない。強いチームには必ず誰が出塁して、誰が繋いでという明確な方針があるのだが、編成がそれを一体どのように考えているのか、ここまではそれを窺い知る事ができず、シーズン中の起用にも不安が残る。また更に外国人補強を考えているとのことだが、これ以上の補強は他選手のモチベーション低下にも繋がり兼ねないことをフロントはいい加減理解すべきだろう。


[お赤いの的注目株]

清水 隆行  Takayuki Shimizu

長嶋監督の下、不本意な処遇に甘んじることが多かったが、2002年に原監督が就任し、一番レフトに固定されるや今までの鬱憤を晴らすかのような大活躍を見せ、シーズン最多安打とベストナインにも輝いた。それから故障やコンバートなどの影響で、中々この年の輝きには及ばないものの、それでも出場すればきっちり3割15本は残してきた清水だったが、昨季は持ち前の打撃が極度の不振に陥ってしまった。元々守備での悩みを打撃に引きずりがちな選手だっただけに、左翼できっちり固定してやればまだまだそれなりの数字を残せると思うのだが・・・

simizu






 不遇の天才打者、清水
 サンスポより)


シゲオ時代には全くもって酷い処遇だったよな〜。まぁピンチのときに清水に代えて広沢やら元木やらが出てきたので、ほっとしたのも事実だけど。技術的には、内角の捌き、特にインローへの対応は絶品で、黒田の渾身のストレートとフォークをいずれも完璧に打ち返したのはこの人位でしょう。堀内のときもキャプラーを優先とか意味不明の仕打ちを受けたし、ようやく原監督が帰ってきたと思いきや、まさかの不調に喘ぎ、今季は更に谷やホリンズが加入するわで、野球選手としての運のなさにはつくづく哀愁を誘われますな。(´・ω・`)


************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
セ・リーグ戦力分析の続きです。

                     *

読売ジャイアンツ〜投手


uehara







 晴れてメジャー入りなるか!?
 zakzakより)

[構成]

右先発  : 上原・パウエル・姜・西村・門倉

左先発  : 内海・高橋尚・金刃・野口

右中継ぎ : 久保・吉武・福田・野間口・真田・酒井

左中継ぎ : 林・前田

抑え    : 豊田・(姜)


[所感]

一昨年の防御率から1点以上も好転した投手陣。更に門倉、吉武といった実績のあるベテランを加え、厚みを増していきそうだ。ただエースたる上原はここ2年連続で負け越し、ストッパーの豊田も連年で3点台の防御率と精彩を欠き、どっしりとした軸が不在なのが気になるところだ。内海、林、姜、西村、更には新人の金刃と楽しみな若手が多く、彼らが潜在能力を発揮すれば中日、阪神に匹敵する投手陣となりそうだが、投手起用の面で、非常に無理使いが目立つことも事実。首脳陣には腰の据わった起用が望まれるところだ。


[好材料]

とにかく若手の有望株が多いのが一番。大きなカーブを武器に一気に左腕エースとなった内海、中継ぎで存在感を示す大型左腕林、テンポ良い投球が持ち味の姜、球威のある西村とそれぞれ利き腕、タイプの異なる投手を揃え、今後更なる成長も見込める好素材ばかりだ。伸び悩み感のある野間口や真田らが彼らに刺激を受けて再生すれば、ますます層も厚くなるはず。


[不安材料]

やはり首脳陣の選手起用がなにより不安だ。60試合登板で左肘を発症した林はもちろんのこと、昨季200イニングを投げた内海、先発・リリーフ兼用だった西村なども、今季は蓄積疲労を考慮して起用する必要がありそうだが、目先の勝利に捉われて彼らを再び無理使いするようでは、せっかく再生した投手陣も元の木阿弥となってしまう。リリーフ転向の噂もある姜も、まだまだ伸び代のある好投手だけに、便利使いですり潰してしまうことは避けて欲しい。


[お赤いの的注目株]

木佐貫 洋  Hiroshi Kisanuki

川内高校時代は松坂世代でも屈指の存在として名を馳せ、亜大時代には同僚永川(現広島)とともにエースとして活躍、大学選手権、神宮大会でも優勝に貢献し、ドラフトでも1,2を争う評価で巨人入りとなった。ルーキーイヤーにはローテ投手として10勝をマークし、新人王を獲得。まるで糸を引くように外角低めに吸い込まれるストレートと落差の大きいフォーク、安定した制球力とどれをとっても一級品で、上原の後を担う次代エースとして期待を集めた。しかし、2年目以降はメンタル面で不安定さを覗かせ、肩の故障などもあり、先発、リリーフを転々。昨季は僅か3試合登板と新人時代の勢いは見る影も無くなってしまった。トレード要員にも名前が挙がり、今季は背水の陣となりそうだ。

kisa






 瀬戸際に立たされた木佐貫
 スポーツナビより)

永川目当てで東都も何試合か見に行きましたが、その度に「木佐貫の方が断然上だよな〜。こんなん獲れる球団が羨ましいよう、畜生!ヽ(`Д´)ノ 」と思ってました。案の定一年目からあの活躍を見せ、誰もがこれは凄い投手になると予感したことでしょう。ところがどっこい、2年目を迎えた木佐貫を待っていたのは堀内+池谷という日本が誇る極悪超人タッグという悪夢・・・かつてノミの心臓と言われた大器小野仁を、泣くまで正座させてぶっ潰した経歴を持つこのコンビを前にしては、少女マンガを愛する繊細なハートを持った木佐貫が餌食にされるのは目に見えてましたな。。

ファンも大切にするし、とっぽい田舎の兄ちゃんって感じで好感が持てるだけに、再び一軍に戻ってこれることを祈っているけど、最近の原監督の眼も血走っているからなあ・・・(・ω・;) とりあえず頑張れ〜。


************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
セ・リーグ戦力分析の続きです。投手編はコチラ

                     *

阪神タイガース〜野手


akahosi







 虎のスピードスター赤星
 デイリーより)


[構成]

捕 手矢野・浅井・野口

内野手シーツ関本△鳥谷今岡・藤本・高橋光・△喜田・上坂・前田大

外野手濱中・△赤星・△金本・△桧山・△林・△葛城・赤松・桜井

※△は左打ち、◇は両打ち、太字は予想レギュラー


[所感]

左右のバランスがよく、ベテランと若手が程よく融合し、長打あり、小技あり、巧打ありと相手に嫌がられる打線といえそうだ。右打ちが上手い打者も多く、"打線"で点を獲りに行くスタイルは今年も健在だ。ただ機動力は赤星の一本かぶりとなってしまい、鳥谷に大学時代の積極性が見られないのが残念。守備面ではシーツ、関本、鳥谷といったところは大きな破綻もなく、安定した守備力を誇るが、右肩故障歴のある今岡、濱中が穴となりそうだ。また外野陣の肩の弱さも気になるところ。ベテランの矢野、金本、桧山らに取って代わる存在が徐々にではあるが現れつつあるが、さすがに一挙に世代交代とはいかないのが現状。


[好材料]

右肩故障から復活をした濱中がようやく計算できるようになったことが大きい。元々打撃面の才能は出色のものがあっただけに、今季もクリーンアップの一角を任せられるだろう。候補者が定まらなかったポスト矢野もどうやら浅井で落ち着きそうだ。課題だったスローイング難も徐々に修正され、アピールポイントである思い切りのいい打撃が出せるようになった。また台湾代表としてWBC、アジア大会などで経験を積んだ林は、浜風のある甲子園でも右中間に叩き込める真の長距離砲として開花しつつあり、今季は更に期待が持てる。


[不安材料]

中日同様、レギュラーと控えの差が大きく、捕手も含めた内野陣は特に顕著といえる。昨季優勝を逃したのは打点王今岡の故障離脱が大きかったが、手首という打撃に多大な影響を及ぼす部分の故障だけに、今季の復活は微妙なところだ。高齢のベテランが多く、わずかな怪我が命取りになり兼ねないだけに、ローテ制を導入するなどして、疲労を溜めない柔軟な起用をしてもいいと思うのだが。


[お赤いの的注目株]

関本 健太郎  Kentaro Sekimoto

今岡の故障もあった今季はほぼサードでレギュラーに定着し、2番として、小技あり、長打ありと幅広く活躍し、規定打席不足ながら3割もキープした。今季は今岡が復帰で再度二塁に回される可能性もあるが、そのまま三塁の定位置を奪い取るだけの実力は備えつつある。契約更改で「あくび料」で1000万円UPを勝ち得たのに何とも。

sekimoto






 いぶし銀の活躍を見せた関本
 サンスポより)


何故関本かって?そりゃドラフト時にカープ入団を熱望してくれたことへのお礼に決まってますw まああの年は澤崎・黒田の年だっただけに、指名のしようがなかったけどね。それにしてもいい選手になったなぁとしみじみ。


************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
セ・リーグ戦力分析の続きです。

                     *

阪神タイガース〜投手


kyuji





 究極のリリーバー、藤川!
 デイリーより)


[構成]

右先発  : 福原・安藤・杉山・ジャン・太陽・(久保田)・金村

左先発  : 下柳・江草・能見・中村泰・岩田・三東・筒井・田村

右中継ぎ : 藤川・ダーウィン・ボーグルソン・金澤・桟原・相木・伊代野

左中継ぎ : ウィリアムス・吉野?

抑え    : 久保田


[所感]

エース井川のポスティング移籍により、福原・安藤・杉山ら今まで準エース級だった投手が果たしてエースとして脱皮できるか、また江草、能見、中村泰といった若手左腕が一本立ちできるかなどが課題になりそうだ。リリーフ陣は再編を行うようで、久保田の先発転向なども構想にあるとのことだが、球威で押すタイプだけにどこまでやれるか疑問。また、いまや阪神の顔ともなった藤川は故障さえなければ、中継ぎにしろ、抑えにしろ、完璧な仕事が期待できるスーパーリリーフだ。全体的に楽しみな若手は多いものの、実績不足が目立ち、磐石を誇った投手陣も大分割引する必要がありそうだ。


[好材料]

中日には及ばないが、左右のバランスも良く、右投手は150繕瓩の球を投げる本格派、左投手は制球のまとまったタイプを取り揃えた印象がある。選手層という点では中日に匹敵するものがあり、先発候補に事欠かないのは、起用する側も気が楽だろう。来年39歳となるベテラン下柳以外はほとんどが30歳以下と今後の伸び代も期待できる。三億円助っ人のジャンはメジャー通算33勝51Sの実績の持ち主で三年越しに追いかけた"虎の恋人"だけに期待も大きい。近年は中継ぎ起用だが、先発で使う意向のようだ。また、後ろに日本屈指のセットアッパーである藤川とウィリアムスが控えているのは何より心強い材料だ。


[不安材料]

何といっても井川の穴がどう影響するかだろう。リーグ2位の8完投を誇った井川の離脱は、そのまま中継ぎ陣の負担増にも直結し兼ねず、ここ2年の過当とも言える登板数をこなした藤川の体調が気になるところだ。また井川の200イニング分を他投手で賄う必要があるが、スタミナ面に不安を残す下柳や安藤が、投球回数が増えた時に成績を落とさないか、若干不安な面も否めない。また吉野移籍の噂もあるが、他に中継ぎ適性のある左腕が少ないだけに、トレードは得策とは思えないのだが。。


[お赤いの的注目株]

太 陽  Taiyo

キャンプでは毎年ローテ入りを噂されるが、ここまで通算僅か5勝。二段モーション改変や、たびたびの故障などの頓挫はあったとはいえ、伸び悩み感は否めないところ。150繕瓩の速球には定評があり、ブルペンでは素晴らしいピッチングを見せるのだが、試合になると駄目になる典型的なブルペンエース。来季28歳とそろそろ結果を出さないとまずいので、井川が抜けたこのチャンスに何としてもローテ入りを勝ち取りたいところだろう。

taiyo





 大器晩成なるか!?
 デイリーより)


何でわざわざ太陽かといえば、高校時にカープのドライチ勧誘を見事に蹴ってくれた意趣返しに決まってますなw まー、カープに来とっても到底このタイプは育っとらんかっただろうけど。木村雄太(秋田経法大付−東京ガス)にも2度振られたし、何だか秋田にはいい印象がないなぁ。コンちゃん枠(秋田枠)とか作ってていいのか?(・ω・;)


************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
ライバル戦力分析の続きです。投手編はコチラ

                     *

中日ドラゴンズ〜野手


tanishige






 攻守の要、谷繁
 スポーツナビより)


[構成]

捕 手谷繁・小田・清水

内野手ウッズ荒木井端・△森野・△立浪・新井・渡邉・平田・△森岡

外野手: △福留・△・△井上・英智・△上田・◇藤井・△春田

※△は左打ち、◇は両打ち、太字は予想レギュラー


[所感]

優勝の原動力となった荒木、井端、福留、ウッズ、谷繁という確固たる軸は今年も揺るぎそうにない。昨年急成長を遂げた森野も安心してレギュラーを任せられる存在になりそうだ。ただ圧倒的な選手層を誇る投手陣と比べると、野手陣の手薄さが目立ってしまう。堅守とパワーある打撃のアレックスが抜けた穴は意外に大きいかもしれない。打撃専門の井上、守備専門の英智はいるが、いずれも一シーズンのレギュラーとしては疑問符が付き、新戦力の李も未知数。新井・平田・春田辺りの若手の成長が期待されるところだ。


[好材料]

磐石のセンターラインが健在なのが最大の強みだ。円熟味のあるリードと未だ衰えぬ強肩の谷繁に、華麗で魅せる守備を展開するアライバ、外野には広い守備範囲と超強肩の英智と福留がいて、この鉄壁の守備力は長いシーズンを戦う上ではこれ以上ない武器といえる。新戦力の李も俊足・強肩で、守備には定評がある。また福留、井端、荒木と走攻守揃った選手が最も脂の乗った時期を迎えており、今年もハイレベルな野球を見せてくれそうなのは心強い限りだ。初回の得点が勝利打点となった回数はセ・リーグダントツの22回。先行逃げ切りというスタイルは今季も磐石だろう。


[不安材料]

アレックスに代わる新外国人の李だが、関連記事などを見ると、どうも韓国人選手特有のプライドの高さを覗かせている。日本野球に順応した李承ヨプの謙虚さに比べると、かなり不安な点といえそうだ。またレギュラーと控えとの差も大きく、主力に万一があった場合には大幅戦力ダウンは避けられない。特に来季37歳を迎える谷繁が離脱した場合には致命傷ともなり兼ねず、最も懸念される事項だろう。


[注目株]

新井 良太  Ryota Arai

広島の新井貴浩を実兄に持ち、未来の大砲として昨季中日入り。終盤戦に一軍に呼ばれ、打席数は少ないながら、パワフルな打撃の片鱗を見せた。守備は兄のプロ入り当初同様、かなり不安定だが、思い切りのいいフルスイングも兄譲りで評価は高い。秋季キャンプでも強化指定選手に選ばれ、今季は右の代打として一軍入りを目指す。

ryota






 野球センスは兄以上?
 サンスポより)

落合監督が「佐々木誠(元西武)に似ている」と入れ込む春田剛よりも、やはりカープファン的にはこちらを取り上げてしまいますな。平田・堂上と右の大砲タイプがドラフト1位で加入していますが、「努力は才能を凌駕する。」ことを一家のDNAにかけて証明してもらいたいっす。初やらかしも是非希望(笑)


************************************
↓ 人気ブログランキングに参加中です。
ranking

新規読者様獲得のため、また管理人のモチベーション維持のため、
ぜひ一日一クリックお願いします。

まだまだ半人前のブロガーですが、皆様に面白い記事を読んで頂く
為に、これからも頑張ります!
ぜひこのブログをあなたの手で「育成」してやって下さい。

またいつも応援して下さる方、本当にありがとうございます!m(__)m
<< 2 / 3 >>

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR