スポンサーサイト
- | -  

一定期間更新がないため広告を表示しています

今年は更新ストップの予定でしたが、気になる記事があったので、これだけ載せときます。

岩本・上本徹底マーク!

広島が2年先の08年ドラフト上位候補として、早大・上本博紀内野手(20)と亜大・岩本貴裕外野手(20)に早くも密着マークを開始することが27日、分かった。上本は広陵、岩本は広島商出身で、かつて広島高校球界を沸かせた両雄だ。09年完成予定の新球場に合わせて、地元の逸材獲得を目指す。(デイリーより)

今の時期から徹底マーク指示が出るとは、カープにしては実に珍しいですな。これも新球場効果という奴でしょうか?今の状態でいけば、岩本は希望枠クラス、上本は3、4巡目クラスといったところだけど、3,4年次の成績次第でいくらでも評価は変わってくるので、獲得可能性はなんとも言えませんな。

個人的には岩本の獲得を優先して欲しいっす。1年にして松田(現ソフトバンク)と大河原(現東芝)を差し置いて4番を張ったのは伊達じゃないと思います。打席での雰囲気も素晴らしく、プロでも長いのが打てるパワーもあり、まさに左の長距離砲不足のチーム事情にうってつけじゃないでしょうかね。動画があったので一応紹介。(ちなみに投手は宮本(日ハム希望枠))

スタンスをあまり広く取らず、オープン気味に構えるところなんか阿部(巨人)を彷彿とさせますなぁ。(*´Д`*)ハァハァ ぜひとも新井、青木に次ぐ、三人目の「タカヒロ」の獲得を!

来年からは東海地区担当で元亜大主将の松本スカウトを関東に派遣。岩本に密着させる。

おお、ほうぶんに前田をおぶる以来の重要タスクが!ガンガレ!

しかし、一時期続いたキャプテンシリーズはやっぱりスカウト転進の意図が含まれておったんですな。

廣瀬→法大キャプテン
松本→亜大キャプテン→スカウト
比嘉→早大キャプテン

選手として駄目でもスカウトで二度美味しいという実にカープらしい発想。(獲得のときにはトホホだったけど) つーことは上本の件もあるし、いよいよ比嘉の首筋が寒くなってきたような・・・(・ω・;)


ranking
さて、ざっとドラフト候補者を紹介しましたが、最後に軽くまとめを。
紹介した候補者の現時点での順位付けは以下のような感じでしょうか。


                     *

高校生

[一巡候補]
中田翔(大阪桐蔭高)・高濱卓也(横浜高)・佐藤由規(仙台育英高)・
植松優友(金光大阪高)・高木京介(星稜高)・赤坂和幸(浦和学院)

[三巡候補]
舟生源太(日大山形高)・今村恒太(金沢桜丘高)

[四巡以降候補]
松尾朋侑(鳥栖高)・関口将平(丸亀城西高)


大学・社会人

[希望枠候補]
田澤純一(新日石)・小笠原ユキオ(日体大)

[三巡候補]
井村祐介(ホンダ鈴鹿)・榊原浩司(駒大)

[四巡以降候補]
陶山大介(JFE西日本)・末木晃(JFE西日本)


                     *


各守備位置の補強の必要性は以下のようになっておりますので、

右投手___:補強必要度 ★★
左投手___:補強必要度 ★★★★★
捕手____:補強必要度 ★★★★
一塁/三塁手:補強必要度 ★★★
二塁/遊撃手:補強必要度 ★★
外野手___:補強必要度 ★★★ 

これを加味して、以下のような希望はどうでしょうかね?

高校生ドラフト
一巡目:中田 or 植松
三巡目:舟生 or 今村
四巡目:松尾
育成枠:関口

大社ドラフト
希望枠:小笠原
三巡目:榊原
四巡目:陶山


まあこの時期の願望なんて、後で見返すと大抵は「何だこりゃ!?」レベルの指名になりがちなんですけどねw 皆さんの希望する選手はどんな感じでしょうか?気になる選手などがいればコメントしてみて下さい。


                     *


今日のカプ言:( ̄粗 ̄) < ボクは推薦枠ですから!


↓いつも応援ありがとうございます。
ranking
ドラフト候補紹介の外野手編です。
外野手の補強戦略はコチラから

[補強の展望]

前田・緒方引退後も、嶋・森笠・廣瀬で数年は大丈夫だろう。ここは2009年完成予定の新球場を見据え、腰の据わった補強が望まれるところだ。昨年の鈴木のような俊足・強肩にパワーを持ち合わせた高校生を是非指名して欲しい。外野手の逸材がいなければ、投手や遊撃手からのコンバートも折り込んで貰いたい。全体的に野手に左打ちが少ないので、左の強打者タイプがベストだ。

新球場での活躍が見込んで、身体能力抜群の高校生を選んでみました。


                     *


hunyu







今治西戦で勝ち越し2ランを放つ舟生(日刊より)

舟生 源太 Genta Hunyu
(日大山形・18歳・186/75 右左) 動画1(0:50辺り) 動画2(3:50辺り)

今夏の甲子園に出場した日大山形で2年生ながら主軸として活躍し、県勢初のベスト8進出に貢献した。186cmと大柄ながらバットコントロールが上手く、強肩も自慢。中学時代は陸上4種目競技で県優勝するなど、身体能力が抜群の好素材。近藤スカウトが予選から密着マークしていたようだ。

コンちゃんのお膝元かつ栗原の後輩とくれば当然獲りにいきますな。素材も良さそうだし、補強ポイントの左の強打者だし、いいんじゃないでしょうか。そういやインスタントシュガーの管理人さんの言うには、市民の内野席には未だに「井生」が読めない人がいるとか。この舟生君と広陵の土生君を獲得したらますます大混乱ですな。皆さんは読めますかね?(正解は一番下で)


                     *


赤坂 和幸 Kazuyuki Akasaka
(浦和学院・18歳・184/80 右右) 動画(1:36辺り)

病気の影響で控え投手だったが、埼玉県大会決勝で、増渕(鷺宮→ヤクルト)に投げ勝ち甲子園進出。一回戦負けしたものの、左翼ポール際に豪快なホームランを叩き込み、投打に優れた素材をアピールした。登板しない際には外野手で出場し、高校通算も40本を超えている強打者。

やっぱ投手よりかは野手でしょう。動画で見られるけど、あの甲子園でのホームランは強烈でしたな。大竹の後輩だし是非獲りにいって欲しいのう。


                     *


今村 恒太 Kouta Imamura
(金沢桜丘高・18歳・183/78 右左)

中学時代は投手として全国大会出場。進学後は1年ながら1番センターに定着し、センバツにも出場。愛知啓成戦で同点の三塁打を放ち、その高い身体能力をアピールした。走攻守の3拍子揃った期待の高校生。

北陸枠でこの辺りもどうでしょうか。いかにもスピードがありそうで、天谷、鈴木とともに北陸三県スーパーカートリオ結成なんて妄想。(*´Д`*)


                     *


答え:井生(いおう)・舟生(ふにゅう)・土生(はぶ)

舟生はまだ読めるけど、井生と土生はかなり厳しいような・・・
日本語って面白いですな。


↓応援よろしくお願いします。
ranking
ドラフト戦略の内野手編です。
補強戦略はコチラから。

[補強の展望]
(一・三塁手)
一塁はともかくとして、新井後の三塁をそろそろ考えた方がいい時期に来ている。5年後に世代交代を考えるとやはり高校生の補強がベストだろう。高校からサード専任よりも、むしろ身体能力抜群のピッチャーやショートをコンバートする方が楽しみがある。高卒野手の育成には定評があるカープだけに、是非大物打ちで華のある選手を獲得して欲しい。

(二塁・遊撃手)
梵・東出に加えて、俊足巧打タイプの松本・中谷、堅実守備の岡上・山崎とメンバーは揃っているので、早急な補強は必要ない。ただ尾形の内野復帰が困難なことを考えると、一軍に4人上げてしまうと、二軍では二遊間がわずか2人となってしまう。山本芳・大須賀などショート経験者はいるが、せっかくなので高校生遊撃手を獲ってじっくり育てたいところだ。上背がない俊足巧打タイプが多いので、攻撃型の遊撃手の指名が面白いだろう。


とにかく、当初からサードを守っている選手よりもショート優先・身体能力重視で候補者を挙げていきます。


                     *


高濱 卓也 Takuya Takahama 動画(1:20辺り)
(横浜高・18歳・182/77 右左)

佐賀城南中出身。元は投手だったが、高校では高い身体能力を見込まれ、内野手転向。1年春から横浜の主軸を任された天才打者。当初はサードだったが、2年次にショートに転向。ソツなく守備をこなし、一番深いところからでも矢のような送球を投げられるその強肩は見るものを魅了する。打撃面では鋭い当りを連発するラインドライブヒッターで、横浜高校の先輩、斉藤宜之(巨人)を彷彿とさせる。

今はショートを守ってますが、大柄なこともあるし、プロではサードや外野への転向が有力でしょう。聖望学園時代の鳥谷(阪神)と比較すると、打撃は互角、足・守備は鳥谷、肩は高濱といった感じ。なかなかプロではレギュラーに定着しにくい左の中距離打者タイプだけども、あの肩はプロレベルでも大きな武器になると思います。分離ドラフトなら1巡、分離前ならば3位指名レベル位。斉藤や多村(SB)、小池(横浜)、後藤(西武)、あと松坂もそうだったけど、近年の横浜高出身の打者は実にハイレベルなので、たまにはカープも指名に行ってもいいんじゃなくって?そういえば建さんも横浜高卒やね。てっきり忘れてた。。


                     *


松尾 朋侑 Tomoyuki Matsuo
(鳥栖・18歳・181/74 右右)

バットコントロールが巧く、シュアな打撃が評判で、リリーフに立てば140舛硫速球を投げる身体能力抜群のショート。監督が語るには「状況に応じて繊細な打撃ができる」とのこと。

ドラフトでアソボさんのとこで候補者で上げられていたので、入れてみました。一時期盛んだった佐賀枠での指名でどうでしょう。鳥栖高校で緒方の後輩だし、外野に転向して緒方2世路線も面白いかも。


                     *


榊原 浩司 Kouji Sakakibara
(仙台育英高→駒大・22歳・175/72 右左)

仙台育英高時代は1学年上の中谷(広島)と二遊間を組み、俊足の1番打者として評価を集めた。駒大進学後はシュアかつ、パンチ力のある打撃で主軸を務め、次期主将に任命されるなどリーダーシップもあり。3年のリーグ戦では春季・秋季とも打率1割と絶不調。もともと打つときは固め打ち、駄目なときは四タコといった印象の選手だけに、復調に期待したい。

法政の廣瀬、早稲田の比嘉に続く、キャプテンシリーズの一環としてどうでしょう?古くは大下軍曹や謙二郎にしても、梵にしても、脈々と続く駒大炎のキャプテンシーはもはやカープに欠かせない要素だと思いますんで。プロでは打力を活かすために、サード転向がいいかもしれんですな。


                     *


末木 晃 Akira Sueki
(広陵高→東北福祉大→JFE西日本・23歳・178/75 右両)

広陵高時代には新井良太(中日)、前述の倉重らとともにセンバツに2度出場。シャープな打撃と軽快なフットワークの遊撃守備で注目を集める。東北福祉大進学後は、塩川(楽天)・根元(ロッテ)がいたために外野転向し、俊足、好守で大学選手権優勝に貢献した。昨ドラフトで広島指名が噂されたが、指名漏れしてJFEに。広陵の中井監督曰く「二岡以上の野球センスの持ち主」とか。

二岡以上って枕詞は若林(NTT西日本)にも付いてたような記憶が。。「史上最強!」と吹いたときは敢え無く二回戦負けだったし、中井さんの発言は割り引いた方がいいかも・・・(・ω・;) ミートも巧いし、足も早いし、いい選手だと思うんだけど、プロとなるとやっぱりパワー不足かな。金本や森笠の如く、アスリートで鍛えまくれば何とかなるか?


                     *


後はPLの戸沢 一樹も気になるけど、最初から一塁というのは若干魅力に欠けるかな。残り一年でぐっと伸びる高校生に注目したいです。


↓クリックでやる気増量中
ranking
ドラフト候補紹介の捕手編です。
捕手の補強分析はコチラから。

[補強の展望]
倉・石原でしばらく安泰かと思いきや、どちらも安定感に欠け、下を見ても彼らを脅かす存在が育ってきていない。とにかく数年後を見据えて補強をしないとまずいポジションだけに、早めに先手を打って欲しい。構成的には白浜のライバルになりうる同世代の攻撃型捕手が補強できればベストだ。今年のドラフトは高校生・大社の1〜3巡で7人もの捕手が指名されたため、来年、再来年は若干獲得競争が緩和されるかもしれない。その間隙を突いて是非いい素材を獲得して欲しい。

白濱のライバル足りうる同世代の捕手が欲しいですな。候補者は二人ほどおります。


                     *


倉重 友二 Yuuji Kurashige
(広陵→近大→大阪ガス・23歳・173/80 右右)

広陵時代は新井良太、末木(内野手編で紹介予定)らと同期でセンバツに2度出場。近大では甲藤、大隣(共にSB)らとバッテリーを組み、リーグ優勝に貢献。プロ入りも噂されたが、大阪ガスに進む。二塁間を1.8秒、かつ正確な送球ができるアマ球界屈指の強肩して名高く、リードにも定評がある。右打ちが巧く、意外なパンチ力も秘めている。

ディフェンス力ならばプロでもトップクラスに入るでしょう。「後輩白濱が同ポジションにいるし、指名したら広陵との間に軋轢が生まれるんじゃない?」と思った方。通ですね。その通りです。でもご安心下さい。

もうとっくに巨人スカウトが獲得に動いてますから。・゚・(つД`)・゚・


                     *


伊志嶺 忠 Tadashi Ishimine
(北谷高→東京情報大・22歳・177/74 右左)

左打ちの強打者で高校通算35本を放ち、「沖縄の阿部」の異名も。阪神が獲得濃厚だったが指名漏れ。大学では1年からレギュラーを張り、リーグでは4度のベストナインと通算13本塁打とずば抜けた成績を残す。強肩で身のこなしも素早く、まさに身体能力抜群の攻撃型捕手

攻撃型捕手ならばこちらを。「阪神がもう一度狙いに来るんじゃない?」と思った方。鋭いですね。でも安心して下さい。

絶対ソフトバンクが獲りに来ますから。・゚・(つД`)・゚・


何だかソフトバンクが囲っただの囲ってないのだの噂が飛び交っているようだけど、あの球団が山崎や的場程度の捕手でお茶を濁すわけもなく、高谷を獲った程度で補強の手を緩めるわけがないのでありまして。ポスト城島のソフトバンク以外にも、ポスト矢野、谷繁が急務の阪神、中日、控え捕手+阿部の打者転向も視野に入れる巨人など、資金力が豊富な球団がいずれも即戦力捕手を欲しがってるんで、特に大社不作と言われる来年に、この伊志嶺クラスの捕手の獲得は相当に難しいでしょう。


                     *


この二人以外には、めぼしい捕手もいなさそうなので、カープは来年の捕手補強は見送る公算が高いと予想。石原・倉の頑張りと白濱の成長に期待しとこうか。駄目だったら4年後の上村 新(広陵→駒大)をじっと待つべし。


↓クリックして頂くと更新の励みになります。
ranking
<< 2 / 4 >>

RANKING

CATEGORIES
CARP PEOPLE
ACCESS

COUNTER

Since 2007.1.3

QR CODE

qrcode

RECOMMEND

SPONSOR